Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

LOG 2021-11

■2021-11-03 : ハートキャッチビクトリー!
 娘氏がプリキュア映画を観たいって言うのはおそらく最後だと思うので『映画トロピカル~ジュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!』を観てきました。
 これはレジェンド先輩であるハートキャッチプリキュアのメンバーが出ることで話題になっており、娘氏の最後のプリキュア映画にパパチャンが最初に観たプリキュアが出てくることのエモさを噛みしめています。


 映画のお話のネタバレに踏み込まないよう、主にハートキャッチの話をします。
 思い返すにハートキャッチはお話の枠組みというか、パターンがすごくしっかり決まっていて、それは簡単にいうと「問題発生→落ち込む人→敵幹部の干渉→怪人化→プリキュア変身→苦悩する怪人の叫び→敵幹部の煽り→堪忍袋切断→必殺技→撃退→便意→排泄→花言葉」という美しい一連の所作でした。
 この枠組みの中に毎回どんなお話を入れ込むか、あるいはあえて外していくか……というのが、水戸黄門とモンタナジョーンズを観て育った俺の好みにガッチリとはまったのであり、それゆえこれが俺をニチアサ実況民へと変えていく起点となったわけです。

 そして今回の客演の素晴らしいのはこの枠組みがしっかり活きているというところで、敵幹部が出現しなくても、落ち込んで怪人化する人がいれば堪忍袋が切断できるし、花言葉で追い打ちもできてしまうということなのです。排泄……排泄はありませんでしたね。排泄……?
 この仕組みによって、いままでのオールスター映画とは全く違う、クロスオーバー作品としてのお話になったんじゃないかと思います。

 しかしこのクロスオーバー、「最もシリアスな作品と最も明るい作品」とか言われていて心外でした。いやトロプリのメンバーが頭トロピカッちまってるのはわかります。しかしあんなに破天荒なキュアマリンさん率いるハートキャッチが最もシリアスなはずは……そりゃプリキュアの身内が死んだり妖精が死んだりする展開はあるけど……いや死んでるわダメだ。確かにぶっちぎりで一番シリアスだわ。

 今うっかり「キュアマリンさん率いる」って言っちゃいましたけど、たぶんトロプリのメンバーはハートキャッチのセンターのことマリンさんだと思ってますね。「コミュ力全振りのトラブルメーカー……こいつが主人公か……」って思ったはず。まああっちもローラが主人公だと思っていそうなのでこの件は手打ちにしましょう。


 そういうわけで、ハートキャッチ履修済みかつトロプリを追っている人は、「シリアスなハートキャッチ文脈」と「雪のシャンティア王国」によって徹底的に抑え込まれたトロピカル成分と、それでもかまわずところどころ溢れてくるトロピカル汁を味わいに劇場へ行くといいと思います。……アッそういえばミラクルライトなかったな!? コロナでやめたんだ!? なんか物足りないと思った!
 
■2021-11-07 : 秩父の「ちち」って「父」の方じゃないのかよ
 令和になったときに群馬にキャンプにいったわけだけど、その帰り道にカーナビにしたがってテキトーに走っていたら秩父に迷い込み、そのまま山梨に抜けたことがあった。

 その時は帰り道というだけだったので全くどこにも寄らずに通り過ぎた。ただ「車で3時間半ぶっ飛ばせば静岡から秩父まで行ける」という情報は俺の頭に染み付き、いつか再訪してやろうという思いを燻ぶらせていた。
 その後コロナとかいう奴が長いこと「県境をまたぐな」という社会情勢を作りだし、ようやく感染拡大が一段落したので我々はすばやく秩父行きの計画を立てた!……というのが、ことの始まりである。


 いい感じの土日を見繕い、ワイフに宿を確保してもらったまではよかったが、なんと前日にワイフが風邪を食らってダウンした。
 これは中止やむなしか!? そんなふうに考えていたところワイフより「アイチャンが家にいたらどっちみち寝ていられないから行ってきて」というGOサインが出た。

 そういうわけで、娘氏と二人旅をすることになった。



 娘氏とロングドライブするときの問題点がトイレで、娘氏はもうたいていのトイレは一人で攻略できるので助かるんだが、パパがもよおしたときに男子トイレの前で待っててもらうことには危険がある。
 したがって、外の様子がすぐわかる小さいトイレのある場所を狙うか、あるいは多目的トイレの室内で待っててもらうかの2択であり、この旅では道の駅の多目的トイレを活用することが多かった。

 秩父へ向かう中継地点……というかロングドライブに飽きた娘氏を解放するためのドッグランめいた施設……として、前回荒天の中訪れた笛吹川フルーツ公園に寄る。
 さすがに実りの秋とあって人出がすごく、駐車場がめちゃめちゃに混んでいた。運よく停められたのでよかった。
デデンネ
デデンネ
 この公園はだいぶ高低差がある。時計はそろそろお昼を指しているし、上のほうにフードコートがあることがわかっていたのでサクサク向かいたかったが、娘氏を足止めする魅力的な遊具がたくさんあり、中腹に着くころにはパパは餓死寸前となった。娘氏は娘氏で空腹の限界まで遊具で遊び、ごはんを食べるところまでまだだいぶ登山する必要があることに文句を言っていた。


 遊び疲れた娘氏は「もうホテルいきたい」と苦情を言ってきた。フルーツ公園でだいぶ時間をとったので、このまま秩父へ向かえば宿のチェックインの時間になる。
 山梨から埼玉へ抜ける道はえげつない急カーブが続くが、娘氏は車に酔ったことはない。そしてパパは山道のほうがテンションが上がるタイプのドライバーである。どっちを見ても紅葉が素晴らしい。サクナヒメのサントラをかけて、娘氏と田植え歌を口ずさみながらすいすい進んでいく。

 山道を下ることさらに30分、旅籠屋秩父店にチェックイン。娘氏は「アイチャンはひとりでおんなゆに入るってこと……?」と不安を隠さなかったが、旅籠屋は普通に部屋ごとにユニットバスがあるだけなのでまったくそのような心配は要らない。

 娘氏と出かけるときの問題として「一人前を注文したくせに半分食べて飽きる」という点があり、ファミレス等では大盛をシェアするなどして調整するのだが、未知のお店で未知の食べ物だとこうはいかない。しかも二人旅では娘氏が残したものを食べる人が俺しかいないという計算になる。
 フルーツ公園で1.5人前のほうとうを食べた俺はもう完全にお腹いっぱいだったので、夕飯はもうテキトーに済ますことに決めていた。幸い旅籠屋はとなりがローソンなので食料の心配がない。明るいうちに買い出しをして、コンビニおにぎりを中心とした「わるわる晩御飯」を広げて最高になった。

 そして「あつ森」アップデート済みのニンテンドースイッチをしたり、すずめ雀をしたりして夜は更けていった。



 翌朝は7時に起きた。本日はプリキュアもライダーも戦隊もない悲しみの週だが、放送がなくても体が自動的に起床するようになっているし、娘氏は休日に寝坊することに全く価値を見出していない。
 そして、本来ニチアサの放送が始まる8時半ころには、もう我々は完全にニチアサになっていた。

浦山ダム
 これが親の顔より見た浦山ダム。親の顔をもっと見ろ。
 特に「仮面ライダーゼロワン」でめちゃくちゃ高頻度で見た光景が広がっている。ここに滅亡迅雷のアジトがあることは間違いないし、なんならこのダム湖から暗黒種デーボスが蘇った記憶も薄れていない。毎年戦隊かライダーかどっちかは戦っている場所だろう。
 娘氏はダム湖を見て「おわりのある海だ」と言っていた。

浦山ダム
 ダム湖の奥にある大久保橋に行きたかったが、あいにく通行止めだったので、浦山ダムの下に向かう。ああここは「ゼロワン」でフワがアサルトウルフをこじ開けた駐車場だな。
 娘氏は「階段登りたい」と言い出した。正気か? だが「待ってるから勝手に行ってこい」とは言えぬ。階段500段はスクワット250回に相当する。
 帰りはエレベーターで降りた。ダム内部にあるいろんな展示パネルが観れたので悪くはなかった。



 続いて、さらなるニチアサを求めて秩父ミューズパークへ向かった。
 ミューズパークはさまざまな施設を擁する細長い公園であり、駐車場も用途別に無数に用意されている。とりあえず野外音楽堂に向かえばいいら、と車を走らせていったらすごい奥まったところまで行ってしまった。普通に先端部の方の駐車場を使って、公園内をレンタサイクルで爆走するなどするのが良い楽しみ方だと思う。
秩父ミューズパーク
 これが親の顔より見た野外音楽堂。親の顔をもっと見ろ。ここについては「キラメイジャー」でクランチュラさんが芸術性を発揮するシーンが記憶に新しい。だいたい毎年なんらかの形で見ているので趣がある。
秩父ミューズパーク
 これは親の顔ほど見る機会はないが、出てきたときに印象深いミューズの泉。「オーズ」で伊達さんが初登場したあと爽やかに自己紹介して去っていったのがここだった気がしたんだけど、帰って確認しようと思ったらオーズがアマプラ対象から外れていた。いつまでもあると思うな親とプライムビデオ。

 要所要所に遊具があるので娘氏が退屈しない。だが確実に先ほどのスクワット250回が体力を蝕んでおり、公園の端まで歩いていくのはムリと判断して、いったん車に戻って展望ちびっこ広場の近くの駐車場までファストトラベルした。


 広場で遊んでいるうちに11時を回ったのでお昼を食べて帰ることにする。食べるところは2年前に通り過ぎたときから決めている。
喫茶アルフィー
 喫茶アルフィー……秩父はアルフィーのヒゲの人の故郷であり、この近くに生家があるのだそうだ……。
 しかしアルフィー情報に明るいワイフが欠席で、俺と娘氏だけで入店するのは気が引ける。どうするんだ、ガチのアルフィニストしかやってこない店だったら。入店した瞬間にファッション傾向が全然違う3人のおっさんに囲まれて、「おやおや……一人きりじゃ眠れないSweet Littleシンデレラのおでましか……」みたいなことを言われたら!!

 実際、開店直後で誰もお客がいなかったのでまったく心配なかった。
 店内BGMは当然アルフィーしか流れていない。
 娘氏はピザとガトーショコラを、パパは名物のそばスパゲティとおさつプリンを注文してご満悦になった。娘氏もペロリと平らげてしまったので美味かったようだ。
 秩父での当面の目的を果たしたので、また道の駅で休憩しながら3時間半ぶっとばして静岡に戻った。いつかは大谷石地下採掘場跡とかこもれび森のイバライドとかに行きたいですね。
 
■2021-11-30 : 秋の終わりの娘氏語録
#どうぶつの森 #NintendoSwitch
「アルコールランプ置いといたから入るとき消毒してね」


 ……夏休み後から秋の終わりまでの娘氏語録です。
  • ぼく「アイチャンおしゃべりしてないでごはん食べて」
    娘氏「つねにおはなしをしていないと生きていけない人物です」
  • 「学校の中で好きな人いる?」ってお友達に聞かれて、小さい声で教えたら即刻本人に伝わり本人から「オレのこと好き?」って聞かれて「うん」って答えたらしい。軽いッ! 小学1年生の恋愛観は軽すぎるッ!
  • ワイフ「その男の子はかっこいいの?」
    娘氏「かっこよさがVol.6くらいまでいってる」
    ぼく「ボリュームってなんだよ……」
  • 娘氏「アイチャン小学校よりようちえんのほうがよかった……」
    ぼく「どうして」
    娘氏「ようちえんのほうが図工がていねい」
    ぼく「工作が好きな子だなあ」
  • 土曜朝の娘氏「月曜日の図工でまつぼっくりつかう」
    ぼく「前夜に言わないだけ上等だぜ」
  • 土曜夜の娘氏「あとペットボトルのキャップとビーズもつかう」
    ぼく「前夜に言わないだけ上等だが帰ってきてから言うな」
  • ようやく一人でお風呂に入れるようになったが、「入るから見守っていて」と要求してくる。まあ何かあったら大変なので浴室の近くで待機するんだが、入る前に「あれアイリチャンを見守るんじゃなかったの、近くで」とか「疲れたら座っててもいいからね」とかいちいち指導してくる。
  • ぼく「早くお風呂に入らないと見守りませんよ」
    娘氏「だれも見守ってくれないんなら、からだくさい人間になって、みんなをこまらせますよ」
    ぼく「こざかしいな」
  • テレビを見る娘氏「音(おん)が小さい」
    アドバイスするぼく「音(おん)の量を上げろ」
  • 作文の宿題に追い詰められた娘氏「今こそ泣きながら書くとき」
  • 娘氏「これってめんたいこ? それともたいこ?」
    ぼく「たらこな」
  • 娘氏「あなたはカモミールがハーブだということをごぞんじですか?」
    ぼく「エーッ鴨じゃないの?」
    娘氏「カモミールはお腹が痛いときとかに効くんですよ。」
  • だいたいこういうことを言い出したときは図書館で読みまくっている児童書の影響で、これは『魔法の庭ものがたり』シリーズを読んだものと思われる。他にも『ひみつの妖精ハウス』シリーズ、『ミオととなりのマーメイド』シリーズなどを手当たり次第に読んでおり、ポプラ社様には足を向けて寝られない次第である。
  • 娘氏「こども用ドラクエ俳句を考えた」
    ぼく「はい」
    娘氏「みるひとの しせんくぎづけ バニーちゃん」
    ぼく「こども用とは」
  • 娘氏「マネキンってこころをうばわれた人間みたい」
  • 車に乗ったが車内が暑かった娘氏、「パパはやく窓を開けて風のように走り出して。それがアイチャンのゆめなんですから……」と要求を出す。
  • 娘氏「ポンチョにもマントにもなるのよ」
    ぼく「便利だな」
    娘氏「ポンマンよ」
    ぼく「ポンマンか」
  • 娘氏「パパの咳はまるでオーケストラのシンフォニーのようだわね」
    ぼく「アイチャンからうつされたんだけどね」
  • クリスマスツリーにLEDライトを巻いた娘氏、「サンタさん来てくれるといいな~この光に誘われて……」とつぶやく。蛾とかカメムシじゃねえんだぞ。
  • 娘氏「超すっぱいこぶ茶つくる」
    ぼく「濃くしすぎるなよ」
  • 娘氏「超すっぱすぎて死んだ事件」
    ぼく「うすめろ」
 鉄棒はリビングに置いた甲斐があって無事前回りを習得。ヒマがあれば回っている始末。逆上がりを習得するにはまだ腕の力にパラメータ振る必要がありそう。
 スイミングはいつの間にか15mをクロールできるようになったようで驚いている。いっぽう大自然の中で泳ぎを覚えたパパは犬かきしか信じておらず、その件でたびたびマウントをとられているのであった。