Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

LOG 2017-05

■2017-05-01 : セーブもしますか?
 あまりにもアウトドア適性が無さすぎて、ワイフに「テント買った」と言われて「セーブポイントもないのに!?」としか返せなかった。


 そのあと当然「コテージは!?」って聞いたわけだけど、テントの上位種がコテージって、初代ファイナルファンタジーのスタッフは何の薬物をキメてたんだろうか。気になったので調べてみたら、TRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ』に魔法のコテージが登場していたのがそもそもの元ネタという情報を得た。それで最近のFFでは登場していないのか。FF15で高速で丸太を組み上げて荒野にコテージを建てるイケメンたちを見てみたかった。

 しかしいろいろ調べてみると、ねぶくろもテントも登場していないのにコテージだけ堂々と存在するSaGa2の異常さがあらためて理解できよう。文脈なしでこういうものをブチこんでくるのがSaGaの魅力なのだ。
 当時コテージというものを知らない俺に「コテージは もっていったほうがいい やどやと おなじこうかだよ」と親切丁寧に謎の知識を吹き込んでくれたSaGa2の功績は忘れない。


 あ、買った小型テントについては今後、娘氏の運動会などのイベントに持ち出される予定であり、セーブやHP回復の用途には使われないようです。
 
■2017-05-08 : トイレトレーニング進捗
 娘氏がねんねする前に、入浴中のワイフに「おやすみなしゃい」とご挨拶をして、さあトレーニングパンツをおむつに替えるか、というときの話。


 トイレトレーニングがだいぶ進捗した娘氏だったが、その夜は「(おむつに替える前に)トイレくんに座る?」と声をかけたところ、次の瞬間に尿意を思い出したらしくその場でちっちーしてしまったのであった。
 すぐにトイレに移動させて濡れたズボンを処理してやると、なぜか大粒の涙をうかべていた。そうか……お前さんにもくやしさがわかるようになったか……。
 そのあと小声で「もういっかいかーたんにごあいさつする」と言って、入浴中のワイフにもう一度「おやすみなしゃい」を言いに行くあたり、ずいぶんショックをうけているようだった。この子の情緒は確実に成長している。


 翌日、我々より先に晩ご飯を食べ終えた娘氏、床に座りながら粗相し「なんかぬれてる」との報告。
 お~~い! 情緒~~ッッ!!
 
■2017-05-11 : ファーストブレイク3万点
 娘氏の幼稚園(三歳児保育)が始まった。

 娘氏は早くも幼稚園のおともだちについて話してくれるが、ちょいちょい「トキヤくん」という人名が出てくる。まさか一ノ瀬……! と身を乗り出しかけたが、娘氏は男の子とお話するときに脳内の「男の子の名前」配列に格納されている値をランダムに取り出して勝手に名付けて呼ぶ習性があるので、まだ断定はできない。

 最初は午前中2時間だけの保育だったが、すぐに時間は拡張された。初めてのお弁当にウッキウキの娘氏は、お昼の30分前にはもう涙を浮かべて空腹を訴えるありさまだったらしい。朝、食べるべきときにちゃんと食べることを覚えて欲しい。

 とはいえ俺も朝はろくに食べていない。今年のお正月からkome.zipことオモチをひとつ焼いて何もつけずに食べるだけの生活が続いている。起床から出勤までの極限状態において、食事というアクションに貴重な行動ポイントを割く余裕はないのだ。こんなありさまで娘氏に正しい朝食のありかたを教えられるのだろうか。

 俺が朝食をキャンセルできるのは、職場につねに食料を用意しているからで、そうでなければ俺も涙ながらに空腹を訴えるはめになるでろう。「朝食をちゃんと食べよう」というスローガンは、時間割りで動かなければならない子どもたちのためにあるものだと思っている。娘氏よ、成長して食事時間の自由をその手に掴みとるのだ。
 
■2017-05-14 : 伝説は始まる
 昔、ふとした気の迷いで購入したカイミラの杖が出てきた。リモコンとしてスタイリッシュに使用できるが、そのへんにおいとくと何かのはずみで暴発してすぐ電池が無くなってしまうので、電池を抜いて封印しておいたものだ。

 これを娘氏が発見し「あけて!あけて!」ってうるさい。娘氏は去年のプリキュアさんを見て魔法つかいを知り、これくらいのサイズの棒を手に入れるとすぐ「いたいのいたいのとんでけー!!」と俺に向かって攻撃呪文をとなえてくるのだ。
 まあ外箱がけっこう固いので、「これは選ばれし者にしか開けられないよ。アイチャンが成長したらおのずと開くであろう」と言っておいた。


 数時間後、力業で外箱を開けたらしい娘氏が、中の杖を持って「アイチャンえらばれしもーになったかもしれない」と報告してきた。
 
■2017-05-25 : いろんな娘氏
  • ニンテンドープリペイドカードのヨッシーを指差し「でってう。」と言う娘氏。
  • ベビースターラーメン(太)のことを「にょろにょろのおやつ」と呼ぶ娘氏。
  • 「ぬれてるぬれてるシート♪シート♪」と意味不明な歌を作り歌う娘氏。
  • よりによって「放物線のうた(YouTube)」がなぜかツボに入りむせるほど笑う娘氏。
  • トトロのDVDの再生を要求するも、暗いシーンになるとすぐ「しまじろうがいい」とギブアップする娘氏。
  • トトロを最後まで観て「さつきのくつがおしゃれだった」と幼児並みの感想を述べる娘氏。
  • またトトロを最後まで観て「メイが見つかってよかったでしゅ……メイが見つかってほんとう……」と涙を拭う娘氏。情緒の発達が急すぎる。
  • 初のびっくらたまご入浴剤でびっくらではすまないレベルのパニックに陥る娘氏。
  • 朝、幼稚園に行く前にももクロのライブDVDの再生を要求し気分をアゲる娘氏。
  • カーステレオの再生リストにももクロ以外の曲を紛れ込ませておいたら「モモクロチャンだけでしょー!?」と怒りをあらわにする娘氏。
 パパチャンはモモクロチャン以外の曲も聴いてほしいです。
 
■2017-05-31 : 今だ 風をつかみとれ
 どうしても休めない仕事がある日を前に、珍しく発熱して倒れた。

 これはまずいと思い即座に医者にかかって処方箋をもらったものの、薬を飲んで一日会社を休んで寝ていたのにまったく良くなる兆候が見られない。慌てた俺は仕方なく夜間診療にかかってロキソニンとかいうラストエリクサーをもらい、なんとか仕事を休めない日を平熱で乗り切ることができた。だが無理をしたインガオホーか、結局再び発熱し、土日含めて5日間も病に伏すはめになった。

 明らかに仕事とかいう奴のせいなのだが、じゃあ出社せずに3日くらい寝ていたら治ったかというと怪しい。熱が下がらない俺は結局ほかの医者にかかって、細菌のせいである可能性を考慮して抗生物質を投与され、ようやく平穏を得た。これプール熱とかいう奴じゃないだろうな。プール以外での飛沫や接触での感染が多いとかいうプール熱。改名しろ。

 結局最初に貰った薬はぜんぜん役に立たなかった。いや効いていたのかもしれないが、そもそも人生において「医者が出した薬を全部使いきってもまだ治らない」という事態に今まで遭ったことがなかった。早めに熱が下がらないことを訴えればよかった。

 そしてこの別の医者で貰った薬は、院内処方のくせに1回ぶんの顆粒と錠剤がまとめてひとつの袋に入っている便利パックで処方され超ありがたい。なぜ院外処方の薬局でこれをやってくれないのか。明らかに院内の薬局よりスペースがありそうなのに。パックするマシンが高いのか。

 院外処方だと個人情報や病歴を書く回数が単純に倍になりつらさだけが募る。高熱に喘ぐ俺は自宅の番地を思い出せずにただ熱い吐息を吹き掛けるばかりであり詰んだ。めのまえがまっくらになった。その点院内処方は一度で済むのでまだマシだ。つうか病歴なんかは保険証でアクセスできるようにしといてくれ。黒ローブに身を包んだマイナンバー省の役人が現れて杖の先でフッてするようなシステムにしてくれ。なんで俺は風邪なんかで合計4回も問診票に同じこと書かされてんだ。

 とにかく院内処方サイコーということだけは声を大にして言いたい。そしてこの便利パックにより顆粒と錠剤を同時に嚥下していると娘氏が「アイチャンもおすくり飲む」と羨んでくるので「お薬が甘いのは人生の難易度がイージーな時期だけだよ~~ノーマル以上は苦くなるんだよ~~」と言っているが実はこれけっこう甘い。うまみがある。最高かよ。この風邪はそもそも娘氏から来たような気がするが俺の発症がずいぶん遅かったのでいまいち怪しい。

 このとおり体調が多少良くなるといままで黙ってたぶん饒舌になるが、文章のまとまりとかをガン無視しているため、まだ多少は療養が必要なような気がする。