Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

LOG 2015-05

■2015-05-04 : レゴデュプロ
 あいりさんが1歳の誕生日に、女の子向けのレゴを買ってもらったぞ!


LEGO
レゴデュプロ
 よくわかんないけどこうやって遊ぶもののようだ!
 さすが女の子だな!カワイイだぜ!
 だが俺は父であるまえに一人の男の子……
LEGO
完成!魔剣スイーツブリンガー!
 こんな武器まで作れてしまうなんてアブナイだな!
 あらかじめ検品してみて正解だったぜ!


 なお魔剣はこのあと所持者によりボキボキに折られた。
 
■2015-05-10 : イタリア艦
 某軍艦がたくさん出てくるブラウザゲームに、イタリア艦が実装されたと風の噂に聞いた。
 それで初めてイタリア海軍の軍艦の名前を知ったわけだけど、「ローマ」はともかくとして「イタリア」ってのはどうなんだ。いくらなんでも自分の国の名前そのものを軍艦につけるもんなのか。沈んだときすげえ凹むのではないだろうか。

「でも日本の軍艦にもヤマトとかある」

「大和はただの近畿地方の旧国名だし……」

「イタリアもヴィットリオ・エマヌエーレ2世が統一するまであの半島の一部を指す地名でしかなかったのでは」

「ぐぬぬ」
 
■2015-05-15 : エシャレットとエシャロット
 大変に紛らわしいことなのだが、「エシャレット」はラッキョウで、「エシャロット」はラッキョウでない。(参考:農水省消費者相談)
 「エシャロット」はなんか小さいタマネギみたいなフランスの野菜で、もこみち兄さんの使うようなオシャレ野菜の売っているお店でないとまず見かけないのでなんとかなっているが、紛らわしいことこの上ない。
 発祥の詳細が不明なので完全に想像になるが、若採りのラッキョウを売り出す際、キャッチーな愛称が欲しいということで、何か形が似ているフランスのオシャレな野菜の名前を貰ったのではなかろうか。写真を見る限り似ても似つかないが。


 実は「ゴーフル」もこれに似た状況なのではないか?と思った。
 フランスで「gaufre」と言えば、それは我々のよく知るワッフルのことらしい。
 日本のゴーフルの発祥は諸説あるようだが、発売当時にオシャレな名称が欲しいということで、何か形が似ているフランスの洋菓子から名前を取ったのではあるまいか。今となっては似ても似つかないが。


 ところで「ウエハース」も英語表記だと「wafer」なので、あれもワッフルの仲間なのだろう。
 改めてワッフルの幅広さを確認した形だ。
 
■2015-05-17 : バーニャカウダ
 夕食にバーニャカウダを食べた。
 お野菜も非常に旨く仕上がっており、たいへんテンションが上がって「すべてのバーニャを、カウダする」とか「好きなカウダを集めて君だけの最強バーニャを作ろう!」とかよくわからないキャッチコピーを連発しながらモリモリ食べた。

 そのあとすぐお腹を壊した。
 いまだかつてないニンニク臭が充満するトイレの中で、俺は自分のハイテンションを悔いた。俺の胃腸はあんな油っぽいものをかきこむようにはできていないのだ。油断してはならぬ。
 ソビエトロシアでは、バーニャがあなたをカウダする!
 
■2015-05-28 : イカ襲来
 Wii Uの期待の新星Splatoonが発売されたぞ!

 正直不安じゃった……。なにしろ何の実績もない新規タイトル……しかもTPSときたもんだ。
 発表後からWii Uユーザーからの期待度が高すぎてハードルが上がりすぎているんじゃないかと思っておった……。スマブラのために本体を買った層の受け皿として過剰な期待を寄せられているんじゃあないかと思っておった……。

 だが何も心配は要らなかった!
 まずジャイロセンサーでのエイム操作が慣れると快適でハヤイ。3DSの『ゼルダの伝説 時のオカリナ』をプレイしたときにも、弓が非常に使いやすく流鏑馬も一発でクリアできて感動したものだった。
 さらにエイムが苦手な層でも,自陣を塗ることでチームの勝利に貢献できる。というか、ポイントは自分が塗った面積で決まるし、敵をキルしてもポイントは入らないので、狙って撃って殺すという操作の重要性が相対的に低い。可能ならば(殺されない自信があるならば)撃ち殺すよりも弾幕を張って足止めしたほうが、最終的なポイントが高くなるシステムになっている。

 任天堂にしては珍しく、オンライン前提の作りになっている。ステージはまだ5つしかなく、しかも4時間ごとに2つがローテーションしている。明らかにアップデートを意識した仕様だ。ステージそのものはひとり用モードにいくつか見られたので、データとしてはすでに入っているものと推測される。解禁が待たれる。

 ステージ中の看板や壁のラクガキには、Miiverseに投稿されたイラストが表示されるようになっている。そのためTwitterなどでは暇を持て余した神々の遊びがたびたび紹介され、さながらお絵かき大喜利ゲーと化している。口コミ誘発手段として優秀なツールだと思う。

イカ
ドーモ、テバサキです。

 とりあえず現状、塗りに直結しない補助アクションがまったくポイントに反映されない(チーム勝利ボーナスのみ)のが不満っちゃ不満です。プロモデラーMGを解禁したら塗り効率がサイコーすぎて他に選択肢がなくなったんで、この辺は調整を待ちたいところ。現場からは以上です。
 
■2015-05-29 : うちのこジャーナル1505
 我が娘の1歳~1歳1ヶ月の記録。

  • 5~6歩ならあんよができるようになった。「歩けるねェー!」と褒めたら「あるける!」と断言したので今後に期待したい。
  • 眠くてぐずるときに「ねんねんねん……」、お腹が空いてミルクを要求するときに「ミーミー」とか言うようになる。やはり原始的な欲求に結びついた言葉は定着が早いのだろうか。
  • ぼく「いってきます」ワイフ「いってらっしゃ~い」娘「ETC~」ぼく「惜しい」
  • 下唇を指でプルプルさせてみせたら真似して覚えた。だが別にこれは覚えさせなくてもいずれ勝手にやるものらしい。覚えさせ損か。
  • タケノコを掘る俺の背中で大喜び。クワを振り下ろす振動がタノシイらしい。あげくそのままねんね。育児と狩猟採集の両立……タケノコを手にした俺は最強のイクメンと化した。
  • ドライヤーを嫌がるあまりドライヤー本体でなくコンセントタップのほうの主電源をオフにする。
  • テレビの側面にある小さなボタンでテレビを操れることに気づく。あまつさえその後ろにあるコンセントタップの主電源を切ることで録画予約を吹っ飛ばせることを覚える。
  • 動物園リトライ。今度は動物を目で追えるくらい成長した。しかし一番興味を引いたのはやはり、群れで行動展示されているホモサピエンスの幼体であった。
  • 隣室からニコニコしながら一万円札を持ってくる。臨時収入ヤッター!なお隣室ではワイフのサイフが無惨な姿で発見された模様。
  • Eテレのお歌やダンスが終わるタイミングでパチパチする。拍手のタイミングはいったい何から学んだのか。
  • いままで投げたりしゃぶったりするだけだった「せんせい」でのお絵かきに突然目覚める。ただしペンを持ったときにペン先が下になる確率は半々といったところ。
  • 絵本をひとりで開いてめくって見られるようになった。子ども用の図鑑を開いて「ニャンニャン」「ドコ」「ドコダ」と自力でねこを指さす姿も確認された。この年齢にして自学自習の姿勢が身についている。
  • 夜寝るときは電気を消してフートン部屋に転がしておくことでねんねするようになった。ただ、この場合ご両親までねんねしてしまう可能性があり注意が必要である。