Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

LOG 2012-07

■2012-07-04 : 処女的衝撃!
 健康診断の結果、便潜血反応に「要精密検査」が出た。

 「要精密なんて9割がた大したことないよ、深刻に考えず検査うけてきな」と上司。

 違うんだ……俺が深刻な顔をしてるのは検査そのものの事なんだ!
 禍々しい「大腸内視鏡検査を受けて下さい」の文字!
 俺のケツにナニを入れるんだってぇ!?



 というわけで今日、行きつけの病院に検査の申し込みに行ったわけだけど、
 さっそく「痔などの傷がないか検査します」と言ってニュルリと指を入れられた。
 消化器科の医師はイケメンだった。
 もういっそ死なせて///



 結局、太くて硬くて長いやつを挿入するのは8月のはじめになった。
 次は死ぬ。
 アナルフィラキシーショックで死ぬ。
 
■2012-07-07 : カルドセプト
 3DSのカルドセプトを一周クリアした。

 わりとカードゲームやボードゲームが好きなくせに、いままでカルドセプトは「音楽がイトケンなゲーム」くらいの認識だった。なんか初心者用にチュートリアルを手厚くしたという話だったので、これを期に入門することにしたのだ。

 実際、やることはモノポリー。
 ただし土地を買う代わりにカードからクリーチャーを召喚して配置し、通行料を取ることでお金を稼ぐ。ホテルを建てれば通行料も上がるが、そういう目立つ領地にはマジックボルトは飛んでくるわ他所のクリーチャーは侵略してくるわでなかなか大変。

 一周した程度では、まだまだカードの種類が足りない。
 特に「逆コンプガチャ」的な補正がかかるので、欲しいカードを複数枚集めるのが困難だ。ランドプロテクトが足りないため、ひたすらねこを配置してそこにホテルを建てるゲームになってた。
 徐々にカードが集まってきたので、もっと偏ったブックを作って試していく所存。
 
■2012-07-08 : ゲッワイエンターフ……
 最近カラオケで困る「フェードアウトで終わる曲」ってあんまり無いな、昔はけっこうあったのに……と思って記憶を手繰ったんだけど、単にこの手法を小室さんがよく使ってたってだけなのかもしれない。
 
■2012-07-29 : サイレントヒル2
 静岡県民必携のホラーゲーム、『サイレントヒル』の2をクリア。三角頭さんカッケー。

 頭がおかしくなっちゃってる人が主人公だと、幻覚の名のもとに好き勝手に怖い描写ができるので困る。
 史料館の地下に刑務所の廃墟が広がっていても、それが精神世界なら誰も文句は言えない。
 そういえば映画『ブラック・スワン』もその不条理感を活用していた。
 あっちはエロスもありなので手におえない。オススメ。

 せっかくなのでUFOエンディングまで見てみようかな、と思ったが、やはり一周でおしまいにした。
 カメラアングルが良くないのが致命的だった。いっそ初期バイオのように完全固定ならいいものの、半端にカメラを動かせるのが逆にもどかしく、アイテムも見つけにくい。
 ジェイムズさんがバイオ4準拠の動きをしていたら、このようなクリーチャーなど片っ端から蹴り殺したものを!
 その一点のみが残念であった。
 
■2012-07-30 : 地産地消
ねこにブラシをかける
       ↓
      ブラシから毛を取る
        ↓
毛を丸めて球を作る
      ↓
     球でねこと遊ぶ
       ↓
_人人人人人人_
> 自給自足 <
 ̄^Y^Y^Y^Y^ ̄