Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

LOG 2011-10

■2011-10-04 : 午後12時の交差点
 午後12時とは昼か夜か。
 そんなくだらない疑問から考えた話。

 午前も午後も0時から始まる。
 つまり午後12時は午後の最後の瞬間だ。
 論理的に考えれば、この疑問にはカンタンに片が付く。

 ……だが、よく考えると違和感がある。
 午後12時は「瞬間」なのだ。
 厳密に定義すれば、存在しないと言っても良い。
 12時半、みたいな言い方をよくするけれど、これは24時間記法でない場合はありえない。

 2進法には「2」という数字はない。
 10進法には「10」という数字はない。
 であれば、時計の12進法にも「12」という数字はなくてしかるべきなのだ。

 もし我々が10進法の時間を使っていたとして、かつゼロの存在を知っているとしたら、文字盤のてっぺんにわざわざ2桁使って「10」と書くだろうか?
 普通レベルは99で止まるものだ。それ以上上げるとステータス欄に収まらなくなる。さいだいHPも255で止まるものだ。それ以上上げると8ビットの情報量では扱えなくなる。10進法にしろ16進法にしろ、「桁を上げる」のには相当な労力が要るのだ。 

 10進法用の数字のまま12進法を使ったせいで、我々はその労力を意識することはなかった。
 だがあれはあくまでも12進法。12という数字は桁上がりであることには違いない。そろそろ文字盤の12は退場してもらって、0にその座を譲るべきなのではないのか?



 おそらく、時計の文字盤としてはもっともメジャーなローマ数字にゼロが存在しないことが大きな要因だろう。
 ゼロという概念が広まったのと、12時という概念が広まったのと、どちらが早かったのかはわからない。だが文字盤にローマ数字を使い続ける限り、12の立場は安泰だろうと思われる。残念である。
 
■2011-10-17 : すべてがFになる その2
 近いうち、ケータイ売場にはスマートフォンらくらくホンしか無くなるんじゃないだろうか……。
 そんなことをドコモショップで考えた。

 もしそんな時代が来たら大変なことになる。
 「スマートフォン」と「らくらくホン」が並ぶのだ。
 すなわち「Phone」を「フォン」と書くか「ホン」と書くかの戦争である。

 以前の日記で「フォ」が「ホ」になる例はあまり見ない、と書いたけど、思いっきりこの問題がぶつかっていたんだな。
 イタリアに行ったときに気づいたけど、「フォ」を「Pho」と書く米英人もたいがいだな。なまじ「ho」が含まれていることが一時「ホン」に主導権を奪われる元凶となったのに違いない。 これはなんとしてでも「フォン」派を推し立てて戦わねばなるまい。


 相手がらくらくホンなだけに世代間戦争になると思われるが、若い人の間でもスマートフォンを略して「スマホ」というのが定着しつつあるので油断はできない。
 一部「スマフォ」という表記を見かけるようになったので、今後はこれを使用することで一致団結をはかりたい。


 話は変わるけれど、スマートフォンの話をしているのに「アイフォーン」という表記をする奴は一体何なんだ。
 調べてみると「アイホン株式会社」との関係でこうなったらしいが、「ホン」と「フォン」は同一で「フォーン」は別、という理屈もよくわからない。これから「ホン」世代と戦おうというときに余計な統一事項を増やさないで頂きたい。
 
■2011-10-20 : 板ガムの思い出
 最近のガムは食いでがない。
 そんな話をあんどう君とした。

 粒ガムは一粒が小さすぎやしないか。
 板ガムと比べたらハーフ、場合によってはクォーター程度。
 噛んでるときに物足りないので、出さずに次のを追加して、気がついたら3つくらいもぐもぐしているのが常だ。

 しかしもう、板ガムはブラックブラックくらいしか売っていない。
 一説には、キシリトールガムのヒット以降、ガムと言えば粒なのだとか。
 包装紙も、板ガムはちょっと過剰なのかもしれない。


 昔、世界名作劇場系のアニメとタイアップした、すごい甘い板ガムがあった。
 飴みたいに甘かったから、ひょっとしたらソフトキャンデーだったかもしれない。
 包装紙がなんか転写シートみたいなシールになっていて、それはガムの幅で折りたたまれてしまっているんだけど、無理やり伸ばして使うのだ。
 アレのモンタナ・ジョーンズのを毎日買ってた覚えがある。

 意外とあれは今でもイケるんじゃないか?
 あらためて最近のアニメとタイアップしてだな……

 ……というところまできて「痛ガム」というオチが読まれたのでやめた。
 
■2011-10-31 : ハッピーハロウィン

「月曜日を乗り切る秘訣?土日も普通に出社することですかね」

(10月24日 @onesideflat)
 暦の上では早くも明日から11月ということだが,未だに蚊取り線香が手放せない。
 夜中に蚊に起こされることがたびたびあることが信じられない。
 これは暦の方が間違っていて、まだ9月なのではないだろうか、と思っている。