Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

LOG 2009-12

■2009-12-03 : 中二病的地図
 仕事で、地図を描いていた。
 アバウトで良いのでフォトショップの出番だ。
 取り込んだ地図の上に次々とレイヤを作り、なぞっていく。

 まず「遙かなる大海原」というレイヤに、海岸線を描き込んだ。
 つぎに「母なる大地」レイヤを作り、陸地を塗った。
 それを透過しつつ、「断絶の境界」レイヤに県境を描き、
 「希望の轍」レイヤに道路をなぞり、
 「鋼鉄の車輪」レイヤに鉄道を描きこんだ。
 さらに「孤高の山脈」レイヤに山地を塗り、
 学校の地図記号を乗せるレイヤは「ちゃんと学舎」とジョークで決めた。



 そして、うっかりそのままのpsdファイルを、印刷所へ流した。
 
■2009-12-07 : 知っているのか伊達
 「臣」の書き順が違うと指摘された。
臣の書き順
書き順の正誤
 これはおかしい。
 俺の書き順が間違ってるとしたら、そっちのほうがおかしい。

 人は誰でも「臣」を書くとき「あれ?『巨』じゃなかったっけ?」と疑う。
 「巨人」と書こうとして「臣人」と書いてしまい、「覇極流千峰塵!!」とか言いながら修正液を浪費するのが人の常である。
 「巨」は「臣」に直せるが、「臣」は「巨」にはできないことを考えると、俺の書き順は心理的に正しいものであり、これは書き順が実態と乖離している例だと言えよう。

 書き順を守る利点は、字形を整えることにある。
 だが「臣」の場合は疑いながら慎重に書くため、書き順を違えても字形にはたいして影響がない。
 これをさらさらっと書く者は、勢い余って「昼休み」を「昼体み」にしてしまう小学生のごとく、臣人の刑に処せられるのである。
 なので、俺は間違っていない。
 
■2009-12-11 : 年末ジャンボ!
 僕自身はめったに買わないが、年末になると宝くじ売り場が盛況だ。

 宝くじの賞金の期待値は、価格のおよそ半分。
 300円で買った宝くじは、1枚あたり150円弱の賞金が期待できる。
 これは法律で「半分を超えちゃ駄目」と決められているから。

 だが、この期待値を見て「買う人は愚かだ」と結論づけるのは早計だ。
 期待値を利用するときは、かならず分散をチェックしなければならない。
 宝くじの賞金は0から3億まであるから、分散はかなり大きい。
 期待値と違って具体的な数字にならないため忘れられがちだが、「結果がどの程度バラつくか」は我々の行動に大きな影響を与えている。

 みんな期待値が150円弱であることを承知して「宝くじは夢を買うものだ」と言う。
 夢という曖昧なワードを排除すると、これは分散を買っているということだ。
 嫌な分散を小さくするために、保険会社に金を払う人がたくさんいる。
 良い分散を大きくするために、150円を払ってもよかろう。

 僕はこの分散を評価していないわけではない。
 今年に限っては、期待値・分散以外の「買わない理由」があるのだ。
 ここまでしてきた論理的な話では全くない。

 今年、プロゴルファーの小田龍一選手が、賞品として宝くじ3000枚を獲得した。
 これは要するに、3枚だけ買った人に比べて、小田選手は1000倍も当たりやすい、という事だ。
 気合を入れて30枚買ったとしても、まだその100倍も当たりやすい人がいるという事実。
 この圧倒的な開き。どう考えても太刀打ちできそうにない。
 バッファローマンに「わたしの超人強度は1000万パワーだ!」と言われたウォーズマンの気分だ。
 もはや白旗、完全降伏である。


 同じ確率的アプローチでもこれほど印象に差が出ることがある、と身をもって知った。
 
■2009-12-18 : 上着物語
 「チョッキ」が死語になりつつある現在、もう「防弾チョッキ」は消滅するのでは?
 google先生ではまだ「防弾チョッキ」が優勢だが、僕の中では完全に「防弾ベスト」だ。
 たぶんこれはサガフロンティアのせいだろう。

 そもそもチョッキとは何なのか。
 広辞苑で調べたら「jack」という驚くべき綴りが記されていた。
 これをチョッキと発音するのは、いったい何語だ!?
 検索を続けると、ポルトガルかオランダあたりが有力らしいが納得いかない。

 しかしチョッキがjackだとすると、ジャケットと同語源である可能性が出てきた。
 ドイツ語ならヤッケとも読めそうだ。
 いまどきヤッケなんて登山者しか使わないが、いわゆるウィンドブレーカー。
 ウィンドブレーカーとジャケットとチョッキが全て同じものだなんて認めたくない。


 話は完全にずれるが、このヤッケという奴、なかなかくせ者のようだ。
 広辞苑によると「ウィンドヤッケ(Windjacke)の略。防風用の上着。」と書かれていた。

 「ウィンド」のほうが肝心なのにそっちを略しちゃったよ!
 ただの上着かよ!
 あと貴様は甚だしい勘違いをしている!
 「ウィンド」は英語読みで「ヤッケ」はドイツ読みだ!

 「ヴィントヤッケ」で検索すると急にミリタリーになるあたり、さすがだと思った。
 
■2009-12-24 : ガンダム静岡に発つ
 今年の夏、お台場を沸かせた等身大ガンダムが、静岡に来るらしい。
 あまり知られていないが、静岡市はサッカーの町である以上に、プラモの町だ。

 移設は、日本最大のプラモデル生産地である静岡市が、同社側に働きかけて実現した。ガンダムは現在、解体された状態だが、静岡に運ばれ、再度組み立てられる。

(MSN産経ニュース)
 新幹線から見えるよう、東静岡駅の前に設置されるとのこと。
 最近、外壁が落下してニュースになったお隣のグランシップも、外壁を白く貼り替えて、ホワイトベースにしてしまえばいいのに。

 ガンダムは、しばらく設置されたのち他県へ出て、最終的には市内にあるバンダイの工場内に移設されるとのこと。
 こちらもなかなかいいロケーションだと思う。
 この工場の隣には、最近新しく高校ができたのだ。
 その名も「静岡県立科学技術高校」である。

 おそらくここの高校生が中身の開発を行うのだろう。頑張って欲しい。
 
■2009-12-30 : 孤立
 アクセントは地方によってかなり違う。
 以下、俺(長兄)と末弟と、東京からきた学生(以下、東京)の会話である。

 長兄「つ(靴)、でしょ?」
 末弟「つだよね」
 東京「…くですね」
 長兄「えっ」
 末弟「えっ」

 長兄「じゃあ、く(服)、でしょ?」
 末弟「くだよね」
 東京「…ふですね」
 長兄「えっ」
 末弟「えっ」

 長兄「じゃあ、じゃあ、タテ(帆立)、でしょ?」
 末弟「いや、ホタテだろ」
 東京「それはホタテですね」
 長兄「えっ」
 母者「ホタテでしょ」
 祖母「ホタテだねえ」
 長兄「えっ」

 俺の故郷はどこにあるんだ……!!