Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

LOG 2008-09

■2008-09-01 : 上・洛・物・語
 翔ぶが如く!翔ぶが如く!
 なんとなく京都へ行ってきたんだぜ。

 なあに、わしももう27、信長公が今川義元の上洛を阻止したのも27じゃ。
 東海道を一気に京まで駆け上ってやるさあ!鈍行で。

 そんなこんなで昼過ぎに上洛した僕らは、にしんそばなどで腹を満たしたあと、なんとなく嵐山へ向かった。
 アラシヤマといえば友達がいないというイメージしかない。

 紅葉に備えて色彩をチャージしている木々を見ながら、八つ橋ソフトを食べる。
 あんこ&シナモン風味のソフトクリームであった。

 雨が降ってきたのでお寺に逃げ込む計画を立てる。
 だが乗るバスを微妙に間違えて徒歩が増えたため、ギリギリ本降りに間に合わず、車軸を流すような大雨の中を息も絶え絶えに逃げ込んだ。
勅使門
大覚寺
 だいたいこういうときに逃げ込むお寺は呪われているのが相場だが、
 幸い、ここは由緒あるお寺であった。
 すばらしい池があるのだが、なにしろ雨なのでお寺から見るだけにした。

 日も暮れたので、京都駅方面に戻る。
 だがアラシヤマといえば祇園仮面ということを思い出し、途中で降りて徒歩で祇園方面に向かうことにした。
 ごめんウソだ。祇園四条に行けばうまい飯が食えると思っただけだ。

 実際狙いは間違っておらず、雰囲気のいいパスタ屋で飯を食うことができた。
 店員はイケメン揃いで調子にのっていた。
塔こそタワー!
そびえる京都タワー
 駅周辺のホテルで、カマンベールチーズをつまみながら一晩を明かした。


 翌日、今度はなんとなく逆方向へ足を伸ばすことに。
 電車で一気に宇治へ向かう。
 目的地はもちろんあそこだ。
平等院鳳凰堂
10円玉の建物(クリックで拡大)
 平等院鳳凰堂ッ!
 そう、祇園仮面の必殺技といえば平等院鳳凰堂 極楽鳥の舞ッ!友情パワー!

 あれ?
 パプワ巡りするつもりなんて微塵もなかったのに…!
 なんでこんなことになってんだ…?

 僕らはこの流れを断ち切るべく、残された時間で、定番である清水寺へ向かった。
清水の舞台
清水寺
 ああシーズン前に来てよかった。
 この絶景が全力で紅葉してたらおもらし警報じゃ済まないぜ。
 しかしこのような舞台からついたて二枚で飛ぶとは、昔のもののふはスゴイなあ。

 なんか修学旅行以来の京都だったけど、案外覚えてるもんだな!
 京都は何も変わっちゃいない。変わったのは僕のほうだ。
 満足して帰りの列車に乗り込んだ。

 右手に広大な琵琶湖が見えてきた。

 あれ?
 …右手?

 うおぉーいコレ北に向かっとるー!!!
 
■2008-09-06 : 寝込みみモード
 朝方、夢の中で、音楽を聴いていた。
 とっても中華な桃園の中、響くひとつの胡弓の音色。
 悲しげにゆっくり奏でられる旋律…

 意識がハッキリしてきた。

 違う!
 これ蚊だー!!
 
■2008-09-10 : ソラミミモード
 映画『セックス・アンド・ザ・シティ』は、タイトルが恥ずかしいのでチケット売り場で買いにくい、という意見が、清純派の人から寄せられた。

 卑猥にすぎる。日本はどうなってしまうのか。
 かつて日清の人は「カップヌードル」を売り出すときに、「ぬぬぬヌード!?破廉恥である!」という懸念をして「ド」を控えめにデザインしたロゴで売り出した。その清純な心はいまなおロゴに現れている。
 そんな世の中である。このようなタイトルで映画を公開すれば、大和撫子たちがチケット売り場で頬を染めてうつむいてしまうではないか!けしからん!もっとやれ

 とはいえ、複数の国や地域で同時に封切りされることも多い昨今の映画事情を考えると、日本らしい気の利いた邦題をつけろと要求するのも酷だろう。
 なにか、この状況を打破するアイデアはないのか!?

 英語の「sex」と日本語の「セックス」には意味に差がある。
 映画の内容からして今回の場合は差はなさそうだが、字面は重要だ。

 ここで提唱したいのがソラミミである。
 この場合のソラミミとは幻聴などのことではなく、外国語を強引に日本語五十音とみなす(ききなす)ことだ。

 現代の日本人にはソラミミが足りない。
 先祖代々受け継がれてきたソラミミックパワーを、今こそ引き出すときだ!
 南蛮人の「Ingles」を「えげれす」と聞き取った祖先を思い出せ!
 「American」を「メリケン」と表記した人々のことを思い出せ!
 裁縫マシンの「Machine」の部分だけで「ミシン」と判断した大和魂を思い出せ!
 ヘップバーンさんが作ったローマ字表記を「ヘボン式」と定めた人々の力を思い出せ!

 つまり、押井守監督の『スカイ・クロラ』と同時期でもあることだし、
 邦題は『セクサ・ナシリ』にすれば万事OK!!


 バイリンガルの人からの異論は認める。
 
■2008-09-17 : 居酒屋っぽい
 PDFの普及にしたがって、徐々に年配の方への知名度も上がってきたことだし、
 Adobeの日本法人はいっそ「株式会社あどべえ」とかに改名してはどうか。
 素直にアドビと読むおっさんに会ったことがない。
 
■2008-09-22 : サザエさん症候群
 基本的にテレビを見ない人なので知らなかったが、
 TBSでは日曜朝に「がっちりマンデー!!」という情報番組をやっている。

 いったい何を考えているのか。
 日曜日に勉強!月曜日に実践!とのことだがとんでもない。
 我々小市民にとって、日曜に「マンデー」などという言葉を発するのは重大な禁忌であり、サザエさん放映前までに月曜を意識させる者はたちまち非難の矢面に立たされるのではなかったか!?

 と思っていたら、そのあとちゃんと「サンデーモーニング」が始まったので良かった。
 この星の「喝」は、安心する(トミー・リー・ジョーンズ風)。
 
■2008-09-28 : プリン原理主義
 いまこそ断言するッ!
 世にあふれる「なめらかプリン」「とろけるプリン」の類はプリンではない!
 いくら材料が同じだからといって、あれをプリンと同一視するのは、ケータイ小説を小説と同一視することくらい馬鹿げている!
 プリンの語感に反する、プリンの固まり損ないなど二度と食うものかァーッ!!

 (BIGプッチン系のつもりで買った380円のジャンボプリンがなめらかプリンであったことに対する怒りと、それを食べ…いや飲みきった後の不快感による勢いで書かれた日記)