Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

LOG 2008-08

■2008-08-04 : 漢字わるい2
 検討が続けられていた新常用漢字表だが、先月末に188字の追加で固まったらしい。
 中には「妖」「艶」「淫」「濡」「覗」などエロティックな漢字の追加も検討されていてドキドキしたが、最終的に「濡」と「覗」のフェティッシュな二字は追加を見送られたようだ。

 常用というからには、中学校までに少なくとも読みまでは習うわけだ。
 つまりこれからの漢字テストでは「艶やか」が「あでやか」なのか「つややか」なのかを判断する力が求められる。
 ゆとり教育から一変して超ハードモードだ。

 新たに追加される文字の中に「嗅」があった。
 これも心配になる。

 「臭」という漢字は、もともと「自+犬」だったそうだ。
 だが旧字体の中から標準の字体を決めるときに「犬」の部分は「大」に統一された。
 こういう無茶な変更が、常用漢字と非常用漢字の間に無駄な軋轢を生んでいることは、以前の日記で触れた通りだ。

 「臭」の犬を大に変えたとき、「嗅」の犬も大に変わるべきだったのだろう。
 しかし「嗅」は常用漢字でなかったので放置された。
 だが今!「嗅」が常用漢字の世界にやってくるのだ!
 我々日本人に、放置プレイの代償を支払わせるために!

 過去の過ちを悔い改めるときが来たのか、それとも写植屋さん(フォント作者)の無駄な仕事が増えるのか…
 おそらくどちらでもなく、なあなあで済まされるのだろう!
 ごめんな、嗅!
 
■2008-08-06 : バキューム
 三度の飯より○○が好き、という言葉があるが、この飽食の時代、一日の中で食事の時間が一番幸せ、という生き方はむしろ少数派ではないのか。

 上の言葉は、決して夏バテで食欲がない自分を正当化するものではない。
 
■2008-08-09 : The Sky Crawlers
 映画『スカイ・クロラ』を観にいった。
 意外と上演してるとこが少なくて困ったけど。

 原作の小説は、森博嗣がよく使う短文での連続状況描写が生きていて、観念的で、退廃的で、映画にしたらピッタリだろうなと思ってはいた。
 しかし実際観てみると想像以上にしっくりくる作品だった。

 一番驚異的だったのは、舞台となる兵舎や街や店が、小説を読んでいたときに脳内に描いた風景とことごとく一致することだ。
 森博嗣の建築知識から来る描写が優れているのか、押井守の表現力がスゴイのか、俺の想像力が平凡なのか、それはわからないが、これほど違和感なく見られた原作つき映画は初めてだ。

 原作に忠実といえば忠実、でも原作とは微妙に違う物語。
 どのくらい忠実かというと、敵機を撃墜したカンナミ君が、トキノ君に褒められて謙遜するときに「相手がビギナだったから」とはっきり発音するくらい忠実。
 おおおこれが森ワールドだよ!
 (注:森博嗣の小説では、不要なオンビキ[ー]は全て排除されています)
 でも森作品を知らない人は「ビギナ?ギナ?」ってなると思うよ!

 …よく考えたらタイトルからして「スカイ・クロラ」だから折り込み済みか。
 普通なら「ザ・スカイ★クローラーズ」になってしかるべきところだもんな。
 きっと、これはなんでもカタカナにしちゃう洋画翻訳スタッフに対して疑問符を投げかける映画なんだな。
 
■2008-08-13 : 早口車掌
 それは島田行きの列車だった。
 発車のとき、車掌さんは早口で、

 「まもなく発車します、シマダにご注意下さい

 と言っていた。
 
■2008-08-19 : Turning the motor over
 お盆休みの真っ最中、突然、Wingのクルマのバッテリーが上がった。
 3時間ほどカラオケをして帰ろうとした矢先の事だった。
 確認したがライトはついていない。半ドアにもなっていない。

 事態の深刻さに気づいたWingは、すぐさまロードサービスを呼んだ!

 (実際の音声)
 オペレーター「はい、こちらロードサービスセンターです」
 Wing「大変なことになったんだ!クルマが!死にそうなんだ!」

 オペレーター「とにかく彼のパニックを抑えることが第一だと思いました。」


 30分後、ロードサービス隊が到着。
 しかしそこで彼らが見たのは信じられない光景だった。

 隊員「バッテリーからは電圧がなくなっていて、意識がありませんでした。」

 ロードサービス隊による懸命の救命措置が始まった。
 バッテリーに電極をつなぎ、セルを回してエンジンをかける。
 この間約30秒。すごい!すごすぎるぞロードサービス隊!

 隊員「半ドアなどでなかったなら、バッテリー本体の異常かもしれません。」

 そう言い残して隊員は帰っていった。
 数分後…そこには元気に走りまわるクルマの姿が!

 Wing「ガソリンスタンドにバッテリーを交換しにいくんだ。
  ロードサービス隊の人には本当に感謝しています。
  もう二度と、古いバッテリーで走ったりしないよ。」


 無事にガソリンスタンドに着いたWing。
 車検で診てもらったばかりなのになぜバッテリーが…と不思議顔。
 と、ここでネタばらし。

 店員「バッテリーも古いですが、バッテリーを充電する発電機も異常です。
  すぐにディーラーの人に相談することをお勧めします。」


 失意のままガソリンスタンドを出るWing。
 タイミングの悪いことに、彼はお盆明けに会議資料を車で運ぶ仕事を引き受けていたのだ。
 修理に出そうにも、お盆の間、行き付けの整備工場はお休みである。

 事態の深刻さに気づいたWingは、すぐさま実家に電話をかけた!

 (実際の音声)
 オペレーター「はい、こちら実家です」
 Wing「大変なことになったんだ!クルマを!貸して欲しいんだ!」

 オペレーター「とにかく彼のパニックを抑えることが第一だと思いました。」


 バッテリー残量を気にしながら実家に帰り、なんとかクルマを借りることができたWing。
 お盆の明けた18日、会議の資料を運ぶ仕事を終え、再び実家に帰ってきた。

 Wing「あとは、バッテリーの弱ったクルマに乗り替えて、工場へ行くだけでした。
  でも…まさかあんなことになるなんて…」


 実家から順調に整備工場に向かうWing。と、次の瞬間!!
 アイドリング中に回転数がゼロになったではないか!
 クルマを路肩に強引に押し出してセルを回すが、一向にエンジンはかからない。

 事態の深刻さに気づいたWingは、すぐさまレッカー車を呼んだ!

 (実際の音声)
 オペレーター「はい、こちらレッカーサービスセンターです」
 Wing「大変なことになったんだ!クルマを!工場に運びたいんだ!」

 オペレーター「とにかく彼のパニックを抑えることが第一だと思いました。」


 なんともお粗末な運転者である。
 30分後、レッカー車が到着。
 懸命の運送活動により、まもなくクルマは工場で修理を受けることとなった。

 数分後…そこには元気に歩くWingの姿が!

 Wing「修理工場から家まで徒歩20分なので歩いて帰るんだ。
  レッカー代まで補償する自動車保険には本当に感謝しています。
  もう二度と、弱ったバッテリーで走ったりしないよ。」


 炎天下、なんともご苦労なこの行動。と、次の瞬間!!
 なんと、猛烈な夕立が降り始めたではないか!!
 さすがのWingもこれには苦笑い。あえなくコンビニ傘のお世話になった。
 
■2008-08-21 : 俺たちの夏~清里高原~
 前回の日記とは時系列が前後するが、
 山梨の北部、清里高原まで行ってきた。
 今回は文章よりも写真でシンプルに語ろうと思う。

 なぜか不快な写真が出るので食事は済ませてからみてね!

 静岡県からスタートして、富士川をどんどん北上。

シラネ
(゚⊿゚)
 途中にあったそっけない道の駅。

ちんちんちんラーメン
 架空の五輪選手中国代表「珍 珍珍」について語っていたところ
 目の前に現れたひどい名前のラーメン屋。

くそふと
チョコ味
 清里について真っ先に食べた、
 高原のさわやかアイスクリーム。

清里みやげ
 こういう看板のお店に売っていた。
 すごくおいしい。

 うん、すごくおい…し…
 …汚ねぇ…


時計台
 実際の高原はこんな感じでさわやかでした。
 今度は真面目に攻略しにいく!
 
■2008-08-26 : なんでもない日記
 
 「エアロスミス」と「ケアレスミス」は意外にも似ている。