Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

LOG 2006-08

■2006-08-01 : 誤読レボリューション
 本をスキャナで取り込んだ画像から、テキストを起こすソフトがある。
 文字を自動で認識していってくれるのは便利だ。
 しかし手元にひどいコピーしかなかったり、うまくスキャンできなかったりして、元の画像が汚くなってしまった場合、ソフトは認識ミスをすることが多くなる。

 【原文】
 「おまえが落としたものは、おれが全部ひろってやるから」
 「………え?」

 【読取】
 「おまえが落としたものは、おれが全部ひろってやるから」
 「………瓦?

 ひろわんよ。
 
■2006-08-04 : 夏休み獲得戦
 よしッ連続12日出勤でいよいよ編集者らしくなってきたぜ!
 明日もフルタイムでみっちり仕事するぜ!

 ところで「三千里みっちり」って書くと、なんか果てしなくて絶望する。
 
■2006-08-09 : 疲労脳ジョーク
 8月に入りまして、また終戦記念日が近づき、国会では相変わらず、やすくにさんぱい、やすくにさんぱいと、いい加減聞きあきた議論が無駄に繰り広げられていますが、いかがお過ごしでしょうか。

 俺はここ数日とくに忙しくて、会社で晩飯を食べる日が続きました。
 安売りのときに買ってきた肉も、冷蔵庫のなかですっかり傷んでしまいました。

 まさに安肉酸敗やすにくさんぱいというわけですね。
 アハハハハ…
 アハハ…

 ハハ…ハ…

 頑張れ!俺!!
 
■2006-08-14 : 同字異音異義語
 鉄道のこうふ(工夫)についての文章を書きたいのに、
 何度書き直しても鉄道のくふうの話になってしまうので、
 日本語はエキサイティングだと思った。
 
■2006-08-18 : 伊東散策記
 伊東へ行くならハトヤ。ハトヤに決めた。
 …いや、俺は決めない!誰かに決められた道なんてまっぴらだ!

 ここのところなんだかんだで毎月伊豆に出張に行っている俺だが、今回は湯ヶ島出張のついでに伊東まで足をのばしてきた。
 用件は写真撮影。以前中田島砂丘に行ったのと同じ編集物用の写真だ。今回必要なのは「木下杢太郎記念館・外観」。ただし、雑誌部のほうから「駅周辺の風景をついでに何枚か撮ってきて」という要請をうけているため、コインパーキングに車をとめ、伊東の駅前を散策することにした。

 伊豆の街並みというのは、どこでもわりとそうだが、情緒的というか、旅情を感じさせる。古いっていうとアレだが、シブいのは確かだ。
 しかしさっきまでいた中伊豆と比べると明らかに違う。
 何が一番違うってまずギャルが多い。
 どちらを見てもギャルが目に入る。シブい街並みとのコントラストがすごい。
 なぜこんなところにギャルが?
 OH!ギャル!女は誰でもスーパースター?
サマーシーズン到来!
答え:伊東オレンジビーチ
 おお神よ!なぜ木下杢太郎記念館がこんなビーチの近くに!
 神よ!なぜ俺はこんな水着ギャルの溢れる街をカメラ片手に文学散歩しなければならないのですか!しかもスーツで!
 不審!暑い!不審!暑い!
 もういっそ海の底で物言わぬ貝になりたい!
 誰にも邪魔をされずに(水着ギャルに囲まれて)海に帰れたらいいのに!
 あなたをひっそりと思い出させて!諦めて、恋心よ!
杢太郎生家だそうで
杢太郎記念館
 この先の交差点にはビキニギャル。
 帰る帰るもう帰る!!
 
■2006-08-22 : ゲシュタルト崩壊
 じーっと文字を見ていると、徐々に文字がただの線の集まりに見えてきて、絵としてしか捉えられなくなってしまう。これがいわゆるゲシュタルト崩壊。
 今日はみなさんのゲシュタルトを一瞬で崩壊させてみましょう。


 それではご覧下さい。→ 旧字体の「亀」


 あー…
 これはもう崩壊以前に何一つ構築されてませんね。
 
■2006-08-24 : GOTOフランス
 八月二十六日はなんでもない日!
 ごめん嘘。俺の生誕25周年記念式典。

 「四半世紀」っていう言い方がなんか「半万世紀の歴史」みたいな高下駄っていうかハッタリな感じがしてすごい嫌だけど、とにかく、25歳の誕生日は「年齢の四捨五入」という概念が永遠に失われる日だ。

 まずい。心の準備が出来てない。
 逃げなければ。
 光の速さで明日へダッシュしたらすぐに三十路が見えてくる!
 そうだ!昨日へダッシュするんだ!
 時の流れに逆らって、少しの間だけでも24歳のままいられるかもしれない。
 そんなビューティフルドリーマーなことすら考える年齢だ。


 だから、25日からちょっと単身パリ(時差-8H)へ行ってきます。


 この日のために残業を繰り返して夏休みを勝ち取ったのよ!
 ていうか国外に出るのは初めてなのよ!
 しかも一人で出るのよ!
 国外はおろかほとんど静岡から出ないこの郷土ヒキコモリが!

 …でもたぶんなんとかなる!
 大丈夫、現地では、一足先にフランスに乗り込んだあんどう君が待っていてくれるはず。
 フランスには俺に足りないものがきっとある!(誕生日までの猶予とか)

 えっ、パリって今サマータイム(時差-7H)なの!?
 …一時間損した!!
 
■2006-08-30 : おフランス帰り
 天気がいいので、ちょっとフランスに行って来ました。
 トップページに写真を多めに使うのは避けたいので、紀行文は別ページに作ったよ。

 生きもの地球奇行・フランス

 とりあえず前編だけ公開。
 
■2006-08-31 : 続・おフランス帰り
 天気がいいので、ちょっとフランスに行って来ました。
 3日目はかなり濃い内容なので写真も多めだよ。
 テンションの上下もすごいよ。

 生きもの地球奇行・フランス

 後編を公開。
 関係者の皆様にこの場を借りてメルシーします。