Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

LOG 2006-05

■2006-05-05 : イギリスって何?
 イギリスについて本気出して考えてみた。

 我々は自分の国のことを「にほん」と呼び、英語圏の人からはそれは「Japan」と呼ばれている。
 アメリカは「United States of America」で、日本人は「あめりか」と呼ぶ。
 そしてイギリスは「United Kingdom」で、えーっと「いぎりす」って何?

 調べてみるとどーやら、ポルトガル語だかそのへんの「England」の発音が「えげれす」と聞き取られて、それが「イギリス」になった、と…
 つまり「いぎりす」っていうのは、日本人が耳で聞いたまんまの外来語であるらしい。
 イングランドのことはネイティヴっぽい発音で「England」といっているに近いわけだ。アメリカのことは「めりけん」とか言わずにバッチリ「A ME RI KA」って発音してるのに。
 うはぁ、何だか恥ずかしい。
 そもそも元がイングランドじゃ国土の一部しか指さないじゃあないか。

 こうなれば日本男児らしく「英国・米国」で行こうと思ったが、結局「英国」の「英」も「えげれす」の発音からきたわけであってイングランドの事であり、これでは抜本的な解決にはならないことに気付いた。
 「ブリティッシュ」とかも、北アイルランドに申し訳ない。

 こうなるともう「UK」と呼ぶしかなくなるが、日常会話でコレを使うとなんかイギリス通ぶってるみたいでこそばゆくなる。
 アメリカは「US」だが、その後に「of America」がつくのでスゴイ助かる。対してUKの場合、その後に続くのは「of Great Britain and Northern Ireland」なのでまったくもって解決にならないのだ。
 イギリスに足りないのはそこんとこの部分だと切実に思った。
 
■2006-05-11 : ソラミミストの生活
 中国の李肇星(り ちょうせい)外相だけど、
 なんか必殺技っぽくね?

 主人公:
 「この時を待ってたぜ…スキだらけだ!」

 相手:
 「なにぃ!」

 観客:
 「げえーっ!」「あれはーっ!」

 主人公:(見開きで)
 「くらえ俺の渾身の力をこめて放つ…
  離跳星凱掌―――ッ!!

 相手:
 「ぐああーっ!!」

 昔のライバル:
 「…あ、あれが新しい星凱掌…離跳星凱掌!
 なんと凄まじい力を身につけて帰ってきたんだ!」

 ニュースで聞くたびに頭の中はこんな感じ。
 
■2006-05-12 : 帰ってきた大乱闘
 そろそろ気持ちが落ち着いてきたから日記にしとこう。
 昨夜は大変狼狽した。

 大乱闘スマッシュブラザーズX公式サイト公開ーッ!!

 「これWiiで出るの?」
 「ウィ」

 というフレンチジョークを使ってしまうくらい狼狽した昨夜。
 ムービー・メインテーマなどが公開された。

 メタナイトやサムスの中の人などの参加表明のあと、まさかの任天堂枠撤廃。
 最後のファンファーレが鳴った瞬間涙が溢れた。
 さすがゲーム職人。演出が凝ってる。

 思えばスマデラを見にスペースワールドに行ったとき、MOTHERステージでまさかの「Be'in friends」が流れているのを聴いて、思わず涙が溢れたものだ。
 発売後にじっくりMOTHERステージを聴いてまた泣かされて、オーケストラサントラでまた泣かされたものだ。
 ドラマでも映画でも泣いたことのない俺だが、音楽には弱い。
 今回はたかだか数秒のジングルに泣かされたわけで、早くも記録更新だ。

 スマデラの音楽は神だった。
 今回も、豪華なメインテーマをいの一番に公開したあたりから、こだわりっぷりが存分に伝わってくる。
 作曲に植松伸夫、歌唱に錦織健を起用するなどただ事ではない。

 よろしい。
 ならばこのメインテーマを聴きこんで、隠されたメッセージを読み取ってやるッ!


 ◆ スマッシュブラザーズX メインテーマ ◆

 誰かが 生きる
 反るし俺 プリーン
 ネタビーナス 萩

 姉歯が 生きる
 すりへって
 行け家作れ

 ああ 穴ファーマー出るよ
 鼻にファーマー入れよう
 
 えーっ削ぎ陰部
 いい子ね
 映画 1P ボス いい子ね
 イエー

 おーおーお疲れー イエー
 おーお疲れー

 おうちに寸切り
 伊織に似た
 手つきは冷静だ

 命令で看護
 ふにゃぁぁーんご
 レッツ ゲー れんこん
 AC(公共広告機構)


 よし!何一つわからない!
 これはもう何一つわからないぞ!!
 
■2006-05-15 : コンビネーション
 罪と罰。

 ドフとエフスキー。
 
■2006-05-20 : 不可解な朝
 どういうトリックを使ったら、部屋の鍵をドアに差しっぱなしにしたまま、一晩中ぐっすり眠れるのだろう。

 酒を飲んだわけでもなく、夜遅くなったわけでもない。
 一体どういう精神状態で帰宅したのか、そこのところを昨夜の俺に問いただしたい。
 
■2006-05-22 : バッドスメル
「温泉があるから、すごい硫黄の臭いがするんだぜ。
 いわゆる腐卵臭が。…フランシューが」

「カタカナで書くといい匂いみたいですね」
 
■2006-05-23 : バッドスメル2
「この辺、なんか臭うな…
 何日も風呂に入ってない人みたいな…風呂ーレスな香りが」

「フローレスっていうといい匂いみたいですね」
 
■2006-05-25 : 信憑性
「え?ブラボーってフランス語だっけ?」

「フランス語だよ」

「そうだったっけ…」

「フランス語で間違いない。だってポルナレフが言ってたもん。」

「ポルナレフかよ」

「ポルナレフは嘘なんか言わないよ!
 だっていつでもありのまま起こった事を話す人だぜ!」

「すごい説得力だ…!」
 
■2006-05-28 : ブラッシング
「はみガキ」って書くと、なんかムカつく。

 とくに「はみ」の部分。
 
■2006-05-29 : ブラッシング2
「はぶらし」って書くと『北斗の拳』の断末魔っぽい。

 は…はぶっ…はぶらし!!