Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

LOG 2001-12

■2001-12-08 : 禍福はあざなえる縄の如し。
 やったー。
 今朝、やっとぼくのメールボックスに、

 話題のウイルス、BADTRANSが届きました。

 …。
 ……。
 明らかに添付ファイルが「YOU_ARE_FAT!.MP3.scr」。まちがいありません。
 とはいってもなんか大学のサーバーがすでに手を打ち、どこかに隔離したみたいですけど。

 それより気になるのが、
 知らない人から届いているという事実です。

 以下トレンドマイクロ社のサイトの抜粋。

ワームは以下から取得したアドレスにメールを送信します:
 a.受信トレイにある未読メールの送信者のアドレス
 b.「マイドキュメント」フォルダ及び「temporary Internet files」フォルダ内にある"*.HT*、"*.ASP"(「*」はワイルドカード)というファイル名のファイル内から取得できたメールアドレス


 aは無いはずです。知らない人ですから。
 となるとbの可能性が浮上してきます。
 ということはですよ、知人以外ほとんど訪れないこのこじんまりとしたサイトにも、
 お客様は確実にいらっしゃられはりましたわけですよ!!
 ありがとう神様!!

 でもちょっとまてよ?
 このメールはぼくのメインのアドレス(大学)に届いています。
 今、本サイトの「Crazy Mail」のアドレスはホットメールのものとなっていますが、
以前まで大学のメールアドレスに転送メアドをかませたものを使っていました。
 ということは。
 以前訪れたっきりまったく来ていらっしゃらないお客様からのウイルスだったのですね!!
 複雑です神様!!
 
■2001-12-10 : 自分一応漫画研究会ですから
 今月買ったコミックス。

◆「天上天下」七巻
 月刊ウルトラジャンプで連載中の学園格闘漫画。
 どこへ行ったの主人公~♪といわれ続けてはや三巻。
予備戦に暗躍する高柳家の陰謀、狂気の淵に堕ちていく慎、光臣の決意、そして慎と真魚の最期…
 長い長いと言われていた過去編もいよいよ結末が見え、コレを踏まえた本編に期待がかかる。
なんにしろ過去編に入ってからも絵が若干変化し続けているため、主人公とか顔が変わってみえるんじゃねーの?
などという不安もアリ。相変わらず本誌とのタイムラグ短いし。
 相変わらずの書き込み量&トーンテク、緻密な格闘描写、
あと真夜ねえさんの流暢なジジイ言葉は見事の一言につきます。

◆「ボボボーボ・ボーボボ」三巻
 帰省していたボーボボ一行はわりばし畑にたわわに実った遊園地で宿敵・毛狩り隊のAブロック隊長・ところ天の助の卑劣な作戦に狂おしくて…。Uは6になっていた。そう、イモ虫が蝶になるように。
MO UP。メガネのクリーニングに最適です。そしてヘッポコ丸は副隊長・カツの能力に敗れ去った。
怒りを爆発させるディフェンス部主将・金田たつじ。だが死の淵からはいあがったヘッポコ丸のオナラ神拳がフィーバー中。
ついに現れたところ天の助はライチだった。やれるもんならやってみて下さいよ先輩。
そして鼻毛神拳唯一の融合技がヴェールを脱ぐ!誰!?

 …これら二冊を読むときに、
 スムースにテンションを切り替えられる自分がちょっと嫌だ。
 
■2001-12-18 : 世間は甘くはない
 なんとか免許も手に入ったことだし(「激突!車学伝説」参照)、もうこれで自動車学校に通う必要もないので、俺はとりあえずのんびり実家に帰ることにした。
 実家は下宿から25kmくらい離れた山中にある。電話をすると、どうやらこっちに来る用事があるそうなので、それに便乗して帰ることになった。
 しかし、電話口で「父さんが迎えに行くから」と言っていたのがずうっと引っかかっていた。あのオヤジが一人で動くとなると、これは一筋縄ではいかない。嫌な予感がする。
 そしてその予感はバッチリ的中した。

 奴は別に用があってこっちまで出てきたわけではなかったのだ。
 俺を迎えに来るためにわざわざ出てきたのだ。その目的は一つ。

 (笑顔で)「じゃあ、お前の運転で帰ろうか!!

 所詮「もう二度と運転したくない」と誓ったところで、状況がそれを許すわけがないのでありまして。
 俺は家まで運転して行ったわけですよ。
 左折のみで

 …その後家にいる間、ずっとなんか理由をつけちゃあ車に乗せられました。
 そのたんびに「怖ぇ」と言われました。じゃあ乗せんな
 
■2001-12-24 : 続・なんちゅう親じゃ
 俺の弟の名前、
 
 お隣りさんの犬に対抗して命名した疑惑。
 
■2001-12-29 : エクソシズムの恐怖
 ホラー映画、「エクソシスト」をテレビで見ました。
 とても怖かったです。こういうのダメです。堪忍してください。

 とくに冒頭の注射が痛そうでした。その後の注射もすごく痛そうでした。

 悪魔払いに関しては別に。
 取り憑かれちゃった女の子をふき替えてる声優さんが「スマデラ」のプリンの人だったので、気が散って仕方がありませんでした。
 
■2001-12-31 : 今年の俺重大ニュース
 様々な歴史的事件があった今年も本日が最後の日である。今年を振り返るせっかくのチャンスであることだし、ここらで毎年恒例「今年の俺10大ニュース」をやっておこうと思う。とはいってもこのサイト上でやるのは初めてだが。
 
 今年一番の事件といえばやはり米国同時テロであろう。多くの人命が失われた悲しい事件である。とはいえ「俺10大ニュース」ではもっと個人的な事件に焦点をあてていくので他の社会的な事件は外していく方向で。
 今年、俺の身に起きた大きな事件といえば、大学合格と、さよなら十代、そして免許取得の三つであった。一浪の末の大学合格は感激のあまりプルプルしたし、9ヶ月かけた免許の取得は「激突!車学伝説」に記載した通り壮絶なものとなった。二十歳の誕生日は特に何もなかったけど。十八のときにハジけすぎたから。ただ「もうカラオケで19が歌えないな」とか思った。
 あと、ネット関連の事件ではやはり「OneSideFlat」開設であろう。この名前になるまでには紆余曲折あったが、この名前の意味について問いただす人がいないのが幸いである。そして、そのOneSideFlatを作るマシンであるサスケハナ号の購入も外しがたい。
そして、初めてOFF会というものに参加したのも忘れがたい。0.2泊3日の旅でした。あとサガ1も貰いました。神が倒せません
 そして「草薙すくえあ」というサークルに加入したことによる「草薙大龍勢」祭りの取材。まさか龍勢打ち上げにまでかりだされるとは。まさか親とニアミスしていたとは。あと、文化祭の打ち上げで飲酒の末記憶ナシ事件も忘れてはならない教訓を残した。
 忘れてはならないのが「大乱闘スマッシュブラザーズDX」のニュースである。前作スマブラを3年間遊び続けた俺にとって外すことのできない事件である。春にはE3での発表に心臓を射抜かれ、夏にはニンテンドウスペースワールドにまで足を伸ばし、秋には金を貯め、そして発売後はそのボリュームに圧倒された。文句なしの今年ナンバーワンのゲームである。うっかりするとあと二年くらいナンバーワンかもしれない。

 つまり今年を要約すると、「免許とスマデラの年であった」と。うわなんか切ねぇ。