Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

LOG 2001-11

■2001-11-05 : 学祭大作戦
 本日を含めた土・日・月に、盛大な学校祭がとりおこなわれた。
 一般の客がほとんど見込めない月曜日にまで開催する意味があるのか、という謎はひとまず忘れて…。
 無論、二つのサークルを掛け持つWingも忙しく飛び回っていたのだが、そんな中、彼には重大なミッションが課せられていたのである。
 土・日・月に渡って学校祭があるという事は、CGIゲーム・ファイナルクレスト更新日(火金)までの猶予を見事に潰してしまっているという事。
 普段、大学の無線LANで税金ネットをしている彼にとって、これは非常に痛い。
 すなわち、彼に課せられたミッションとは、
 「学校祭最中の大学内で、無線の電波が届く場所を確保し、速やかにファイナルクレストの継続エントリーをすること」
 である。
 ギルド唯一の合成士である彼が未継続となると、被害が出るのは自分だけに留まらない。必ず継続エントリーしなくてはならない。
しかも、合成をてがける合成士だけに、そのエントリー内容はおのずから複雑になってくる。時間の限られる自宅からの接続では落ち着いてエントリーできない。正確にエントリーするならなんとか住民の血税で接続しなければいけない。

 図書館は閉館となっており、パソコン室をはじめ使用しない教室には当然カギがかかっている。あと無線LANが利用できるのは経営情報棟(以下経情棟)のカレッジホール(1階~3階吹き抜け)だけである。しかし、カレッジホールは日曜夜のイベント「中夜祭」の舞台となっており、実行委員による大改装が行われているのだ。
 土曜日、彼はさっそく愛機サスケハナ号を取り出して経情棟の周りをうろうろし始めた。各教室の窓からもれる電波をなんとか拾おうというのである。
地下街でケータイの電波を求めてうろうろしているのと同じだが、なにしろ得物がデカイ。
ノートパソコンを抱えて建物の周りをうろうろする男はハタから見て大変気味が悪いものだったと推測される。
ていうかハタから見られないように隠密行動を取っていた。
 結局この日のチャレンジは徒労に終わったが、経情棟の無線LANは祭りの間も動作しているということは確認できたため、次は内部に侵入する決意を固めたWingであった。

 日曜日、予定通り経情棟に侵入したWingだったが、カレッジホールでは大勢の中夜祭実行委員が準備&リハに追われ、1階、2階、3階ともにおおわらわの状態となっていた。
しかも椅子などは全てどこかに片付けられており、ネットをするのなら床に座ってノートパソコンを起動するほかない。
忙しく準備する実行委員に混じってそんなことをしていれば、ノートパソコンを抱えて建物の周りをうろうろする男より数段不審な目で見られること間違いなし。ムリムリ。Wingは速やかに退却した。

 月曜日となり、中夜祭の終わったカレッジホールには後片付けに追われる実行委員があふれていた。1階のイスはすでに元の位置に復帰しているが、これでは昨日とさほど状況は変わらない。
 しかし、彼は2階、3階にあった照明などの装置がすでに撤去されていることに気づいた。さっそく侵入してみると、やはりほとんど人がいない。
次に各教室をのぞいてみる。カギのかかっている部屋がほとんどであった。つまり、もうここに机やイスなどの搬入はない。
Wingは3階廊下の一番奥に身を隠せる所を確保し、電波が届いていることを確認した。この辺で何度か人の足音を聞き、状況はかなりメタルギアだったといえよう。
 こうしてこっそりと継続エントリーを終え、何事もなかったかのように持ち場に戻るWingだった。

 余談になるが、日曜の夜に催された中夜祭に草薙すくえあ代表として編集長のジョニーさんと御白州氏が出演し、観客を沸かせた。
とくに御白州氏のマイクパフォーマンスは翌日噂の男になるほどの反響を呼んだ。たいした男よ。
 さらに余談になるが、三つのサークルを掛け持つricer君はあまりの激務のため家に帰っていないらしい。たいした男よ。

◆11月7日 追記

 こうして必死の継続エントリーを致しましたが、実はこの回に不具合が発生し、
次回の金曜日に再更新という処理がとられました。
 まあつまり、月曜日にジタバタあがいたのは全部ムダだった、っちゅう事です。
 なんでこんなオチが付くんだよ!!もう!!
 
■2001-11-10 : 今度はちょっと暗い話だ
 今日は学祭の打ち上げがあった。
 当然、アルコールの類も出たが、10月19日の教訓を得て、今回は記憶を失わぬよう、かつ最高にハイな時間を保つように
量を調節した。
 かなり愉快な時間を過ごした。当然のように頭は働いていないが。
 その勢いで二次会のカラオケに行った。俺はまさしくコントロールを失った状態だったので、せっかくだからラルクの「侵食~Lose Control~」を歌ってみた。

 でも、それがいけなかった。 
 
■2001-11-15 : 割のいいバイト
 今週は火、水、木が「卒論中間発表会」なのでほとんどの授業が休講となるステキなWEEKだ。
 というわけで、ただちにゲームショップに向かって「スマッシュブラザーズDX」の試遊台を狙いたいところだが、そうもいかない。
 きたる11月21日に、ニンテンドウゲームキューブ本体コントローラ各色メモリーカードスマッシュブラザーズDXのフルセット(40000円ほど)を購入しなければならないにもかかわらず、所持金が足りないのだ。
 そこで、一週間前にバッチリ「卒論中間発表学生アルバイト」の募集に名乗りをあげ、見事採用されることに成功。なお採用倍率は6/8。
 そりゃ俺も「学内のバイトなんてあんまり期待できねえな」などと最初は思いましたさ。
でも「日給6,410円程度(約8時間労働)」の文字に魅力を感じたのも事実。
 こうして俺は、火、水、木と通して労働することに相成った。

 で、当日。いきなり集合場所がどこにあるのかわからず迷
 俺に割り当てられたお仕事は、「会場に来た学生にハンコ(なぜか極秘の刻印)を捺すこと」。

 めっ…(タメ)…ちゃ楽勝。
 発表は一人あたり約20分。つまり20分に一度、ハンコを押しまくる時が来るだけ。あとは座りっぱなしで発表を見てればいい。
そもそもその他の学生にも、一日に最低2人分は発表を見なければいけないというノルマがある。
つまり、ノルマの2人分を見たら、発表の間ボーっとしててもOK。ていうかそのノルマを管理しているのが俺のハンコ。いいのかこんなんで6000円ももらって。
 結局、3日間、ほぼ座ってるだけで19230円の収入を得た。
 こんな割のいいバイトが採用率6/8。信じられない。ほんとにいいのか?赤毛連盟じゃねーのか?(突然のシャーロックホームズ的ボケ)
 
■2001-11-23 : なんちゅう親じゃ
 俺の名前、
 
 お隣りさんに対抗して命名した疑惑。