Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

LOG 2001-10

■2001-10-05 : サボんな
昨晩まで正常に時を刻んでいた俺の部屋の時計が、

 なぜか二時間きっかり遅れていた。
 
 
■2001-10-19 : 前後不覚
 今日は「草薙すくえあ」のサイトが5000HITを突破したということで、
みなさんで鍋を囲んで飲み会を開くこととなっていた。
 ちょっと自分の限界がどこなのか試してみようとか思った…んだったかな。
 いや…同席した御白州氏に挑発されて飲み出した…んだっけかな。
 帰宅したのは夜12時過ぎだった…と思う。
 やべぇ…。
 …。
 不肖Wing(20)、初めて酒に飲まれる。

 えーと。かなり曖昧だが…。
 たしか缶ビールを三缶空けただけなんだよな。ちなみに今まではニ缶まででした。
 …カクテルとチューハイも飲んだ気がするなぁ。
 御白州氏がコニャックをすすめてきたけど、かろうじて拒否したっぽい?
 なんか異様に愉快だったのは覚えてるけどかなり断片的だ。
 でもそのあとすげえ気分が悪くなったんだ。
 …二回ほど吐いたはず…三回だったっけ?
 …よくわかんないけど、鍋が割れた。
 …先輩方にえらい迷惑かけたのでは…?

 なんか怖いけど、とりあえず御白州氏に話を聞いてみたい。

 W「俺の目を見て話せ。昨夜、俺は何をした?」
 御「…めっちゃ面白かった。

 余計不安だ。話を聞くと、全ての語尾に「あはははは!!」がついていたらしい。笑い上戸か。確かに異様に愉快だった。
しかしなぜそんなに愉快だったのかまったくわからない。まあ酔っ払いなどこんなものよ。
 だが御白州氏もその後酔いつぶれてしまったため、俺が吐いたことすら覚えていないありさまであった。
 やむを得まい。こうなれば原付の運転のためアルコールを控えていたricer君に聞くしかない。

 W「昨夜の俺、どんなだった?」
 R「え?…うーん、えーと…」

 何故、言葉に詰まる…(微泣)。

 本日の教訓。酒は呑んでも呑まれるな。
 
■2001-10-25 : 水戸黄門(再)
 昔の水戸黄門は最高に面白い。
 新しい水戸黄門とは違った意味で、面白い。

 番組が始まってだいたい40分が経過し、お話もいよいよ大詰めに近づいてきた頃。
 悪奉行と悪商人にハメられたおとっつぁん(基本)と、
その娘、そしてご老公が白州にひっぱり出され、お裁きを受ける。
あらかじめ口裏を合わせていた悪商人の証言で、悪奉行はおとっつぁんに打ち首獄門を言い渡す。
ご老公がそれに異論をとなえるが、まったく取り合うつもりのない悪奉行は言い放った。

 悪奉行「ええい、彦衛門とその娘・おみつ、そしてそこのじじいを打ち首にせい!!」

 名前ぐらい訊けよ!!
 死罪にすんなら名前くらい訊くだろ!フツー!!記録官のひと困るだろうがよ!!
 いや、そりゃこの後イヤでも聞かされることになるんだけどよ!!
 そもそもお裁きに名前すら出てこなかった無関係のじじいを、ノリで打ち首にすんなよ!!


 昔の水戸黄門は、こういうバカで強引な悪役がいるから面白い。