Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

■2021-08-29 : あさがおのかんさつにっき
 きょうは、あさがおの たねを とりました。
 あさがおは、したの ほうが かれていて、みどりの はっぱは、すこししか のこって いませんでした。
 あたらしい はなが、うえの ほうに さいて いたので、びっくり しました。

 あさがおの かんさつを して わかったことは、「そもそも地面からの熱線で朝顔が枯れてしまうような季節を、蝉が暑さで死ぬような季節を、本当に『夏』と呼んでいいのか?」ということだ。
 それは我々の持つ夏のイメージを大きく毀損するものではないだろうか?
 世界有数の大都市圏がひしめく土地に、エアコンがなければ死者が出るような気象現象が襲いかかっているのに、それをいまだに「夏」と呼び続けるのは、あまりに危機感が足りないのではないだろうか?


 我々は、夏のイメージを守るため、ただちにこの災害的な何かを「夏」と呼ぶのをやめ、夏を5~6月に移動させた上で、7~9月を「ヤク」とか「まが」とかそういう恐ろしい呼び名に変えるべきであろう。
 そうすれば夏休みは「禍つ休み」となり、「長期休暇で普段できない学習を~」みたいなものではなく、「この暑さは災害なので決してエアコンの効いた部屋から出るな」という意味合いになってくる。そしてゴール田ウィークが夏休みとなる。
 
 あらかじめそのように夏を移動しておけば、夏季オリンピックを涼しい6月に行うことだってできたはずなのだ。「南半球のリオオリンピックは冬の8月に行われたが?」知ってんだよォ!!社会科の教師かオメーはよォォ!!


 冗談半分で書くが、緊急事態宣言の効果から見て、我々庶民の危機感は完全に雰囲気次第と言っていい。
 感染症も熱中症も、庶民に危機感を持って欲しいのであれば「テレビCMが全部ACジャパンに差し変わる」あたりの演出が低コストで効果があるのではないかと思う。一度社会実験してみてほしい。