Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

■2020-10-12 : 人間とハムスターの秋
 秋……それはねずみの巣作りの季節……。
 そして、我が家で暮らす5匹のねずみたちにも初めての冬が訪れようとしている。

 なんで5匹もハムスター飼ってんだよ!?
 ……という話はこちらをご覧ください。[前編][後編]

同居ねずみ
 季節が変わった関係からか、女子部屋の母娘3匹の関係が不穏な感じになってきた。
 マウントを取り合ってチュッチュッと転がっているうちは平和でよかったが、そのうち叫び声をあげながらケージの中で取っ組み合いからの逃走・追跡をするようになり、ケガをする個体も出てきたのである。

 ハムスターは単独で暮らすねずみであり、集団生活をするようにはできていない。
 縄張り内に兄弟姉妹がいる環境は完全に想定されていない事態であろう。ねずみたちは『ぼくのなつやすみ』の8月32日のようなバグめいた挙動で集団生活を送ってきたのだ。
 いつかは闘争本能に負けるのではないかと思って備えてはいたが、ここまでの半年間、あいまいにふわふわと折り重なって生きてきたので、実際そうなってしまうのはとても寂しい。


別居ねずみ
 まずラテ氏が別荘へ避難させられた。最初は動きが活発になる夜間のみ隔離という措置であったが、隔離していないときに抗争が起こり負傷したため完全に別居となった。
 ねずみ関係という器は……ひとたび……ひとたびヒビが入れば二度とは……二度とは……。
 誰にも邪魔されなくなったことで、ラテ氏は意気揚々と巣箱に床材を盛っていた。

隔壁ねずみ
 次に、ユキ氏がマロンちゃんを襲うようになったため、女子部屋に軍事境界線・段ボール板門店を建造した。マロンちゃんはユキ氏やラテ氏を見ると完全に怯えてしまって、頬袋の中のものを全部ポイポイ出して身軽になったうえでホイールを全速力で回して逃げようとするのでかわいそうでかわいい。
 なお隔壁はしょせん段ボールなので、ねずみたちの牙で容易に破壊されてしまう。当面の処置としてヒノキの板を段ボールと同じ幅に削り出して挟んである。

呆然ねずみ
 いやマロンちゃんさあ……さっそくあなた側から破壊し始めるのはおかしいよねえ……。


 一方、男子部屋のキヌ氏とモロッコ氏はいまのところあいまいに暮らしている。
 闘争しなければ広い広い共有地で暮らすことができるのに、どちらが生存いきるか死滅くたばるかの戦いを繰り広げるから狭い空間に押し込められることになる。人類だってそう……地球には全人口が食べていけるだけの土地と食料があるというのに……なぜ争い合わなければならないのでしょう……。