Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

■2016-08-09 : 映画感想文2点
 噂に名高い鮫クソ映画『シャークトパスVS狼鯨』を観てしまった。

 シャークトパスはサメとタコの合成獣!タコの触手を利用して陸上移動も可能!つまりこれまでのサメ映画の弱点である「地上にいれば安全」をクリアーする画期的モンスターなのだ!あたまがおかしい!
 対するホエールウルフは狼とシャチの合成獣!地上最強と水中最強でつまり最強!ウオオーッ!あたまがおかしい!!

 CGのレベルが普段観ている仮面ライダーのちょい下くらいなので実家のような安心感がある。特に動くと雑さに拍車がかかりゴアなシーンも安心。ホエールウルフは意外と目が可愛い。シーンと角度によってはディズニーピクサーかな?っていう感じの可愛さ(誇張表現)。
 お話も最後のほうガッバガバで笑った。ブードゥー教とカンフーを過信しすぎだろ。出演するおっぱい担当者の人数を絞れば一時間に収まったんじゃあねえのか。おっぱいの総量を増やすために犠牲者を無駄に水増しした感がある。おっぱいは量より質だぞ!


 とんでもない鮫クソ映画を観てしまったので、ちゃんとした映画も観て心と体のバランスをとらなければ、と思って翌日は『チャッピー』を観た。そういえばソニピクの不祥事で炎上した作品だったな。カットシーンは大して気にならなかった。
 むしろ前日にニチアサレベルのCGを観続けていたせいで「チャッピーの動きすげえ!めちゃくちゃ細いスーツアクターさんが入ってるんやろな!!」という感想しか出てこないことのほうが問題だった。
 内容的にはドロイドがマッポになってるしカラテはするしスリケンは投げるし、悪役のロボは完全に火力が過剰で理念がほぼオムラ・インダストリだしで最高だった。オームラ!オムラオームラ!