Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

■2014-10-16 : 高速ネブラスカ州
 映画『リンカーン/秘密の書』を観た。
 家族を吸血鬼に殺されたリンカーンがアックスカラテを鍛えて吸血鬼を殺す者になるアレ。吸血鬼をスレイしていく中で奴隷解放宣言に至る流れは世界史で習ったよね(白目)。

 しかしなぜ斧だったんだろう。
 アメリカ大統領はワシントンの時代から代々斧適性が高いのか?正体不明の魔道士から伝承法を授かって脈々と受け継いでいるのか?先帝の無念を晴らす!

 こういう「設定を思いついた段階で勝ち」みたいな映画は、たとえハズレでも安心して観ていられるので大好き。大統領の流麗な斧さばきを観られただけでまんぞくです。