Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

■2010-11-13 : チメイドのカタヨリ
 ガリバーさんが心配だ。

 「名前は誰もが知ってるけど、詳しくは誰も知らない」
 という可哀想なキャラクターを探して保護する活動を行っているが、ガリバーさんは脳内レッドリストのかなり危険な位置まできている。

 このレッドリストは「名前/容姿」に対して「実態」の認知度の差が激しい、もしくは誤解が大きいキャラクターを収集・保護する目的で俺の脳内に生まれたものである。

 たとえば金太郎さん。
 あの圧倒的アウトな服装のインパクトに加え、宇治金時とかサラリーマンとか、ネーミングの元ネタにも広く使われる文句なしの知名度。
 だがその実態は、「まさかり担いだ金太郎」のあとの歌詞が続かず、かろうじて熊と相撲をとったことくらいしか思い起こされない。
 童話も「俺たちの冒険はこれからだ!~数年後、彼は立派な戦士になったという~」みたいな終わり方をしていたと記憶している。

 たとえばターザンさん。
 ターザンさんと聞けば、誰もが「アーアアー」と奇声を発してツタにぶら下がる野生児の姿を思い浮かべるのに、ターザンさんが何をしたのかを知っている人はごく少ない。
 英国貴族としてのターザンさんを知る人はもうほとんどいないのではないか。

 たとえばドンキホーテさん。
 この人については「痩せ馬に乗って風車に突撃するオッサン」程度の認識すら危うい。
 雑貨屋の歌のせいで「ドンキ・ホーテ」だと思われてるフシすらある。
 この人についてはアマゾン同様、名を借りた現代企業によってそのイメージを上書きされていくであろう。


 そんなレッドリストに片足つっこんでるのがガリバーさんだ。
 さすがに『ガリバー旅行記』の知名度は今でも高いはず。
 しかしガリバーさんと聞いて誰もが思い浮かべるのは、決まって小人たちに拘束された姿なのだ。
 このイメージのせいで、だんだん「ガリバー=巨人」になってきてないか!?

 ……いや、さすがに心配しすぎかもしれない。
 だが、ガリバーさんが小人の国で冒険をやめたら、ラピュタもヤフーも生まれなかったのだ。
 後半の存在感を考えると、この仕打ちは不憫すぎる。
 そういう意味で、ガリバーさんの印象に警鐘を鳴らすべく、俺の脳内レッドリストに記載していきたい所存である。