Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

■2009-07-31 : 魔女の宅急便を観て
 キキはとんぼさんに対して「嫌悪→好意→ツンデレ→デレ」と変遷するが、このツンデレ時に魔力が消え、飛ぶ能力とジジと会話する能力を失う。

 飛ぶ能力は復活するが、最後までジジの言葉は「ニャー」だった。
 なぜか?という考察はあっちこっちでされているところだ。


 僕は、ジジ側にも魔力が備わっていた、という立場をとっている。
 ジジ側に「キキや鳥や犬と会話する能力」があったわけだ。
 キキ自ら「飛ぶことしかできない」と言ってるし。

 そして、キキと時を同じくしてジジも人語を失う。
 これはなぜかといえば、お隣の白猫と家庭を持ったせいだろう。
 童貞を捨てたため魔法使いでなくなったという理屈だ。
 だからといって賢者かどうかは解らないが。

 たまたま童貞喪失のタイミングがキキの不調と重なっただけで、
 別にアレはキキのせいじゃなかったわけだ。
 納得がいった。


 この説への反論としては
  • 最後の鳴き声はテレビの前なので自重していた
  • 最後の鳴き声はテレビクルー視点だった
  • ジジはそもそも30歳相当じゃあないだろう
  • 30年童貞でも魔法使いにはなれないと思う

 ……といったあたりが予想される。仰せの通りである。