Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

■2009-06-27 : 麻雀と幾何学
 正方形は台形である。

 小学校の算数で習ってから随分たつが、やはり引っかかる。
 論理的には間違っていない。
 台形は「少なくとも一組の対辺が互いに平行な四角形」なので、正方形は台形だ。
 ……が、なんか引っかかる。
 「正方形は四角形である」と言ったときの自然さと比べて、この不自然さは何だ?

 ある日、この疑問を一発で解決してくれるアスキーアートがあることに気づいた。
|(●),   、(●)、.:|
タンヤオ
 「いいの!?それ、タンヤオでいいの!?」
 ……というこのMOTTAINAI感覚が、ピッタリこの感覚にあてはまる。

 正方形は、そうとう甘く判定しても、自然界にはまず現れない。
 台形であるだけでなく平行四辺形でもあり、ひし形かつ長方形である「正方形」を台形と称するのは、そのレアさから考えると「大四喜字一色四暗刻をトイトイ扱い」くらいのMOTTAINAI出来事といっていいだろう。

 「正方形は四角形である」と言ったときに不自然さを感じないのは「四暗刻は麻雀の役である」と似た捉えかたをするからだろうか。
 そんなことまで考えていたら「正方形」が麻雀の役に見えてきた。
 「ジュンチャン・サンシキ・セーホーケー・ドラドラ」みたいにスルッと紛れ込んでくる。