Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

■2008-07-26 : 軽井沢五人男・内容
 軽井沢の回想。

 到着するまでの悲惨な行程で死んだように眠った五人の男たちだったが、お昼過ぎにさすがに腹が減ったらしく起床。
 俺なんぞ徹夜で歩き回ったときは、腹はへらねえ眠くならねえで
 「正直もう俺の体は生きるのを諦めたんじゃあないだろうかジョルノ」
 と思っていたがちゃんと眠くなったし腹も減った。よかった。
 「腹が減る」ってコトは「生きる」ってコトだな。

 ■ONSEN-ART
 男たちは疲れ果てた体を癒すために温泉へ行った。
 体力回復には温泉。MOTHERの鉄則を地でいく男たちである。
 メシも食って回復完了ッ!

 ■トリックアートの世界
 回復したはいいが、特に観光の目的地を決めていなかった男たちはいきなり路頭に迷う。
 仕方なくコンビニで観光案内を手に入れ直感で決めた。というか俺一人で決めた。
 目的地は旧軽井沢森ノ美術館だッ!
 ここはアホ写真のメッカ…全国各地からアホ写真を撮りに強者が集うッ!
 そんな気がしたから行ってみただけだったが完全に期待通りでマジ良かった。

 ■白糸の滝
 ここ長野にも白糸の滝があると聞いた。
しらいとのたき
白糸の滝
 なるほどこちらの白糸の滝はパノラマがスゴい。
 だが俺は静岡の白糸の滝に軍配をあげたいッ!
 たとえアウェーでも負けるわけにはいかんのだ!

 ■第2夜
 男の料理といえばバーベキューよ!
 別荘にバーベキューセットがあったのでしこたま焼いた。
 串焼きの串まで焼いた。

 ■ぉお館さまああー!!
 3日目、寝坊するムッシュを全員が寝坊させっぱなしにして、結局お昼ごろ出発。
 浅間山を横目で見ながら長野県を東に食い込む。
うえだじょう
上田城跡到着!
 ここ上田城は六文銭の勇将、真田幸村の城だ。
 神社があったので、50円を投入して「どうかCAPCOMとKOEIを許してください」と祈願した。
 あと、櫓の中に「鳩が入りますので~」という注意書きの張り紙があったが、達筆すぎて「鳩が入りますぞ」に見えた。
 真田昌幸の伝言、確かに受け取った。

 ■おね☆てい
 山をガンガン越えて木崎湖へ。明日へと続くこの道を。
 北アルプス線ののどかな駅と綺麗な湖を堪能。
 なんか昔アニメの聖地として盛り上がったそうだけど、不勉強ながら元ネタ知らず。

 ■第3夜
 ソバ食ったあと、別荘へ。
 高原でやるスマブラと麻雀は最高だぜぇーっ!
 あれ?いつもと変わらなくね?

 ■最終日
 森ノ美術館へ行ったときに旧軽井沢の観光地っぷりが気に入ったので、そこでお土産祭りを開催。
 腸詰屋の腸の詰めっぷりといったら腸サイコー。
 帰りは渋滞が心配されたが思ったほどではなく、運転担当の俺は鼻歌交じりどころか熱唱状態だったという。

 軽井沢の旅で得たものは大きい。
 とくに、この旅行中に見事ミルドラースを倒したセナのDQ5への没頭っぷりは特筆。