Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

■2008-07-21 : 軽井沢五人男
 軽いっ…!
   ざわ…
    ざわ…

 軽井沢に避暑に行ってきました。
 男五人で。
 もうこの段階で珍道中の予感しかしない。

 最初は「蒲田☆午後九時 Don't be late」ということだったけど、らっさんが単独でレンタカーを品川駅まで回してくれることになったので、品川☆午後十時に変更。
 集合時間を夜に設定したのは、夜中に移動して渋滞を避けようという方針だ。

 品川駅のスタバには既にDS版DQ5を進めているムッシュの姿があり、
 程なくして「お前ら見える位置に座ってろよ」と文句を言いながら、短髪になったらっさんが到着し、
 じょうろ来ねぇなと話しているとタイミング良くじょうろが現れ、
 案の定セナは一番最後だった。

 よいかセナ。
 我々はインペリアルクロスという陣形で移動する。
 運転力の高いらっさんが運転席、
 後部座席をムッシュとじょうろが固める。
 お前はさらに後部座席に座る。
 お前のポジションがいちばん出入りが面倒だ。
 安心して乗り込め。
 俺?俺はBGM担当なので助手席だよ!

 こうして満月の夜、五人の男は軽井沢へと旅だった。
 しかし、この軽井沢旅行があのような惨劇を生もうとは…
 ほぼ全員が、うすうす感づいていた。

 日付の変わってしばらくしたころ、軽井沢に首尾良く侵入。
 渋滞がないと意外なほど早い。
 とりあえず軽井沢駅に車を停め、宿泊地となるムッシュの会社の別荘の位置を確認する。
 肝心のムッシュはじょうろとモンハンに興じていたため、地図を奪い取って周辺施設をカーナビにぶちこんだ。

 奪い取った地図は広域と周辺図の二枚だったが、どちらもアバウトなもので、現在地の把握には大変苦労をした。
 カーナビを頼りにだいたいの位置に向かったが、どうしても周辺図と地形が合わない。
 それもそのはず、広域地図についていた印は「このへんにオススメの温泉があるよ☆」というムッシュの上司の思いやりあふれる情報であり、肝心の別荘の位置は記されていなかったのである。
 てめー早く言えッ!モンハンやってんじゃあねえ!

 広域地図が役に立たないことがわかったので、今度は周辺図を見て、近くの神社の名前をカーナビに入力して逆方向へ発進。
 神社の前に辿り着いたがやはり周辺図と地形が合わない。
 それもそのはず、この神社は同名の神社が存在し、本命のほうはカーナビに載っていなかったのである。
 コノヤロウ!!別の目的地だ!!

 ほぼ軽井沢を一周する形になったが、どうにかこうにか別荘地に到着。
 この段階で午前3時半を回っていた。
 …が、早く長野入りしたこともあって、まあここまでは想定していた範囲の時間だ。

 さて肝心の別荘はどこか、そいつが大問題になった。
 なにしろ手がかりは公式webサイトで見た外観と表札のみ。
 深夜、街灯もロクにない山道である。
 ヘッドライトを頼りに表札を探すが、まったく手がかりなし。
 結局夜が明けた。
体育すわり
明け方、山中、途方にくれる
 完全に日が昇ったあと、記憶を頼りにケータイからwebサイトにアクセスし、手配書を作成。
 広い別荘地を一気に車で捜査すると、ようやく写真の建物が見つかった。
 頼りにしていた表札は、出てなかった。
手配書
手配書の建物だァー!
 力尽きた我々は、布団を出すことすら面倒で、そのへんでテキトーに仮眠したのだった。

 [本編に続く]