Oneside Flat Web

◆不定期日記ログ◆

■2006-03-04 : 3:4日記
 実家ではずいぶん前から、16:9のワイドテレビを使っている。

 16:9のワイドテレビで既存の放送(4:3)を見る場合、
  • 左右に黒い余白を設けて表示
  • 上下をカットして全面に表示
  • 縦はそのままで横を引き伸ばして全面に表示

 の3つの選択を迫られる。

 で、実家の人々はどれを採用したかというと、よりにもよって横に引き伸ばす方式だ。
 いわく、左右が余白になるのも嫌だし、上下が切れるとテロップなどで不便することが多い、ということだ。わからんでもない。

 しかしこんなに不恰好なこともあるまい。
 一年過ごしてすっかりなれてしまったが、この家ではテレビに映る全ての人が醜く太っているのだ。
 どうしてこんな仕様が通るのか。
 そんなに簡単に縦横比を変えてしまっていいのか。
 たとえば君が新聞か雑誌のインタビューを受けたとして、そこに載せられた君の写真が横に引き伸ばされていたら憤慨するだろう。誰だってそーする、俺もそーする。
 横に引き伸ばす機能に対して、出演者や番組制作者が裁判を起こすだけの価値はあるんじゃあないのか。

 しかし、だからといって左右に余白を作るとなんだか落ち着かないのだ。上下の情報をカットするのも致命傷になることが多い。

 そこでひらめいた。この俺には策があるぜッ!

 まず上下をカットした全面表示を用意し、それをセピア処理。
 続いて左右に余裕のある4:3表示をその中央に置くのだ。
 これで映像を流せば、余白もなくなってバッチリだァーッ!
えも子
※画像はイメージです
 どうよ!この画期的なアイデア!

 …技術的な問題?
 大丈夫!デジタル放送ならなんだってできるぜ!

 …え?
 デジタルって最初から16:9なの!?

 結論:俺が田舎者