Oneside Flat Web

◆ワンサイドフラットウェブ◆

~  過労なる一族  ~

■2022-06-16 : テント・サマー・ストライク
 初めてのキャンプから2年。我々は次のステップに進むことを計画していた。

 これまでのキャンプはすべてコテージ、ないしはでかいテントがすでに張ってある場所での野営であった。
 最初のキャンプでは寝る場所と食材が提供されていた。次からは調理器具および食材もこちらで用意する形にした。となれば次のステップは寝る場所の自給……つまりテントを用意し、張り、寝るという挑戦になる。
 ワイフは決断的にテントを購入した。以前買った行楽用のポップアップテントではなく、1000HPと100MPを回復する完璧なテントである。

 しかし……ここまでの装備が必要なのだろうか?
 俺が娘とサバイバル体験をしている目的は、第一に災害に備えた宿泊訓練である。さすがに住宅から避難所まであまねく建物が崩壊する大災害、ないしは帝国の侵攻による大破壊は想定していない。仮にそういう状態になったときにこのサイズのテントを取り回せるのは第114代ルシス王くらいであろう。
 したがって、でかいテントを運用するのは目的からはみ出している。だが……もはや、電気の使えるコテージで過ごすことではただの外泊と変わらず、我々の冒険心を真の意味で満たすことはできなくなっていた。百万ドルでも時は止まらない。だから行くのさ……。


 装備を整えた我々は、今まで何度か行った近場のキャンプ場へ向かった。なんと天気予報が直前に我々を裏切り、初回から雨の降りしきる中でのミッションとなる。キャンプ場の管理人からも哀れまれた。早くも心が折れそうになるが、雨が降るからこそ屋根を作る意義があるというもの。風がふきすさぶよりはだいぶマシだ。

 ワイフ総指揮のもと、まずはタープとかいう幕を張っていく。柱となる棒が2本と、何本かのロープが骨組みとして用意されている。……ここは3次元宇宙ではなかったか? 3次元宇宙で棒2本……立体を維持するには軸が足りなさすぎるのでは? 話が違う。
 しかしワイフの指示通り地面にペグを打ち込み、棒の先端につけたロープを張ると、なんと2本の柱はたくましくそびえ立ち、多少の風雨に動ずることなしと見えたり。今回は娘氏に棒を立ててもらいながらロープを張ったけれど、工夫すれば一人でこの立体を成立させることも不可能ではあるまい。大事なのはロープのテンションである。今日の紐はね……テンションしてるぜ!

 タープを張れば雨をよけるスペースができる。同様の仕組みでテントも無事張ることができた。最終的な専有面積がよくわからなかったため位置関係がぐだぐだであるが、たいした問題ではない。あとはコテージの時と同様に、クルマからシートと毛布と寝袋を搬入すれば、今回のミッションである住環境の設営は完了だ。
テント
Our New Gear...
 こうしてただ雨の降りしきるばかりだった荒野に、一時間半ほどかけて人の住む場所が生み出された。なんたる奇跡。まるでブック・オブ・ジェネシスに記された神の技である。

 はじめに神はキャンプ地を創造された。
 キャンプ地は形なく、むなしく、雨がおもてを覆っていた。
 神は「柱あれ」と言われた。すると柱があった。
 神はその柱を見て、良しととされた。
 神はまた言われた、「柱の間に幕があって、屋内と屋外を分けよ」。
 そのようになった。神は天幕を張って、雨と外とを分けられた。
 神はまた言われた、「炭と火は一つ所に集まり、かわいた地が現れよ」。
 そのようになった。神は炭火で肉と野菜を焼き、優勝された。

テント
Our New Gear...
 なにげに今回は飯盒炊飯に挑戦している。ワイフ曰く、ナウいキャンパーたちは英語でメスティンと呼ぶらしい。飯盒の「ごう」の字が見慣れないからこういうことになる。
 火にかけると炊飯時間が難しいところだが、これは旅館などで見る固形燃料を使用し、火が消えるまで放置すれば完全に米が炊き上がるようになっているので、何も考えずともチョーウマイ米が食える。もうこれ弁当箱の代わりに職場に持って行ったらだめかな?(火災報知器が鳴るからだめだヨ!)


 翌日は快晴になったため、テント等が乾くのを待って撤収した。撤収のとき雨だったら後日の乾かしミッションが非常に困難なものになったと思うので、ギリギリ晴れてよかった。
 それはそうと関節と筋肉が痛い。テントは一家が寝るのに十分な床面積があったが、それでも無理な姿勢になるのだろう。やはりHPとMPが全快しないのには理由があるのだなあということがわかった。ギルを惜しんでコテージの代わりにテント5つ買って満足してはいけないな。
 
■2022-06-13 : 21周年
 弊サイトは21周年を迎えた。

 21年も「Wing/手羽崎一郎」というハンドルネームで活動をしていると、もはや本名よりもこちらのほうがなじんでくる……という話は19周年のときにすでにやりましたよお爺さん。すまんのう、もうドッグイヤー換算で147歳に相当するので同じ話を何度もしてしまうんじゃ。
 しかしもう一度、その話をする理由ができてしまったので、する。

 21年もハンドルネームで活動をしているとどうなるか。若い人がこれを読んでいたら想像してほしい。
 まず何人かの「ハンドルネームで呼び合いつつもオフラインでの付き合いがある友人」ができる。
 そのうちいくつかの関係が「ハンドルネームで呼び合うまま互いに家庭を持った友人」に変わる。
 さらにそのうちいくつかが「互いの家庭に同じくらいの年齢のお子様をもつ友人」になる。
 そして互いのお子様同士が顔を合わせ、遊ぶ機会もある。そういったお子様たちと直接会ったときには、俺の存在は「アイチャンのパパ」で通すことができたし、それが自然な形であった。

 ところで娘氏はデジタルネイティヴであり、したがってLINEでグループ通話をつないで、フレンドとマリオカート8のオンライン対戦を行うこともなんら特別なことではない。この場合のフレンドとは、前述のご家庭のお子様たちである。
 まだお子様たちにLINEやニンテンドースイッチオンラインの運用を任せるのは難しいので、ホストとして俺が参加することになる。

 このとき当然マリオカートにエントリーしているのは「てばさき」であり、音声通話で顔も見えない以上は、向こうのお子様も俺のことを「てばさきさん」と呼んでくる。
 果たしてコロナ禍が明け、再び友人のお子様たちと会ったとき、俺は「アイチャンのパパ」に戻れるだろうか? 年の離れたゲーム仲間である「てばさきさん」として認識されてしまうのは、娘氏にとって良くないような気がする。大丈夫だとは思うが、このままホストを続けたらどうなるかはわからない。
 自分の親世代のハンドルネームをどう扱うかなんていう問題はこれまでの人類史に出てこなかったので、対策や正解というものはまだ確立していないのだ……。

 というかそもそも、娘氏すらゲーム中の俺のことを「てばさきさん」と呼んでるのは何かおかしくない!?
 19周年の時の日記でも確かに娘氏は俺のアバターをさして「てばさきさん」と呼んでいるので、なんらかの切り分けができている可能性を信じるしかない。
てばさきMii
常に口が半開きのてばさきさん

 しかし……現在はこれが居住地の離れた他県の、もともとハンドルネームで呼び合う相手のご家庭だからよいものの、これが同じ小学校のお友達だったらどうしたらよいのだろう?
 このハンドルネームには21年の積み重ねが紐付いている。21年分もテキストがあれば、検索を駆使して名前からこのサイトにたどり着く可能性もゼロではない。てばさきさんというネット上の存在が、娘氏のリアルの生活に影響を及ぼすのはよくない。もう娘氏には娘氏の社会性があるのだから、それが「てばさきさんの娘」に連結されてしまうことは避けねばならない。

 そういうわけで、ある日突然俺のニンテンドースイッチのアカウント名が「パパ」に変わるかもしれない。そうなったときにはいろいろ察して特にツッコまないでください。
 
■2022-05-31 : Better Days
 ワイフが突然ベタを買ってきました。
 ベタというと読者諸兄は「バナナを踏んで滑る」とか「横から何か言われてコーヒーを吹く」とか「ミステリアスな転校生がやってきてなぜか自分の隣の席が空いている」とかそういうことを連想すると思いますが、ベタは観賞魚です。ベタからベタなことを連想すること自体がすでにベタな展開なので、このくらいにしておくのがベターでしょう。

 ベタについて調ベタのですが、ベタは観賞魚である前に闘魚であり、その源流はタイにあるそうです。したがってオスのその美しいフォルムは、華やかな社交界で花開いたものではなく、ギラギラに鍛え上げたムエタイ闘士のそれなのであります。
 品種についてはよくわかりません。ケースには「トライディショナル・ベタ」と書かれていました。つまりそれってベタなベタ……ってコト?
bettafish
ベタなベタ
 ベタはつがいでやってきました。あわよくば繁殖のようすが見られるかなと期待をしていますが、しかし繁殖モードに入るより先に、ムエタイファイトによってメスが死んでしまうのは避けたいところです。
 そのためワイフが暫定措置(ベータ版)として水槽を仕切りました。オスはガラスの向こうのメスの姿を見て、鍛え上げられた肉体を誇示し、そして水面にたくさんの泡を生成しています。よくわかりませんが、この泡がベタ社会での求愛行動のようです。


 そして話は突然『シン・ウルトラマン』のネタバレに踏み込みます。
 実はこの『シン・ウルトラマン』、どういうことか多種多様な性癖が過積載されておりまして、巨大女フェチ、体臭フェチ、長澤まさみにケツをひっぱたかれたいフェチなどの強力な欲望がスクリーンに結実しています。巨大女とかだいぶ尖ったところを攻めてきたな……と思ってたらこれは原作再現要素だったらしく、これらの描写の是非については混迷を極めています。

 そして、作中で屈指の存在感を放つ山本メフィラス耕史のセリフの中に、「女性の体臭を嗅ぐという変態行為」を糾弾するというものがあり、今回ネタバレを書いてまでお話したいのはこの部分についてなのです。


 なぜおまえが人類の「変態行為」を理解しているのか?
 おまえたち上位存在にとって、我々人類の知性など取るに足らないものなのではないのか?
 ウルトラマンが現生人類の体臭を嗅いだとして、それは我々人類がネコを吸ってキマっちまってるようなもので、そこに変態性を見いだして煽るのはおかしいのではないのか?
 俺がベタの作った泡の層を見て「よくわからんけどこれが彼らの愛の形なのだなあ」と思っているように、IQ10000の外星人も現生人類の性愛を、その中でも特に尖った例を理解することは……

 ……いや、そういえばあったな。
 メフィラス星人は、巨大女パートのあと、地球に「巨大女フェチ」というジャンルがあることを学んでいました。そこからの流れで彼は現生人類のもつあまねく変態行為を学習していた……ということに違いありません。ちゃんと作中で説明されていた。そのための巨大女だったのか。

 「異文化を愛する」……言うはたやすいことですが、その文化のもつおぞましい性癖まで含めて理解しようという態度をとれる人がどれだけいるでしょうか。メフィラス星人、なんてガッツのあるやつなんだ。

 ベタがうまいこと繁殖するかどうかはわかりません。仮に増えたとしても、我々はすでにねずみ5倍増える事態を乗り越えています。そういう覚悟をもって観賞魚飼育にあたっていきたいと思います。
 
■2022-05-18 : あもんがす
 Among Usで遊びました。
あもんがす

 流行ったことは認識していましたが、今までまったく触るつもりはありませんでした。このたびなんか突発的にメンバーが集まりそうな感じだったので、ホイホイとインストールして触ってみることになりました。
 ところでSwitchに移植されるというニュースがあったときに「アモングアス」と発音されていて腰を抜かしました。マじゃなかったとかマでござるか!?

 さて、そんなAmong Usについての説明は必要でしょうか? よく「宇宙人狼」なんて言われますが、なんと私は人狼系ゲームをプレイしたことがありません。みんながみんな人狼経験者だと思うなよ。なのでお前たちも人狼をやったことないという前提で説明をしたいと思います。


 プレイ人数は4人~15人と懐が広く、オンラインプレイを前提としています。というかソロでは練習しかできません。
 PC、スマートフォン、家庭用ゲーム機とさまざまなプラットフォーム間でクロスプレイが可能です。俺は操作をマウス+キーボードで行うためにWindows版を買い、スマホンはチャット用に空けておくことにしました。

 プレイヤーの大部分は「クルー」に分類され、宇宙船内を移動して、発生しているさまざまなタスクを済ませることを求められます。そこに数人の殺戮者「インポスター」が混ざります。インポスターは巧みにクルーのふりをしながら、隙を見せたものを殺害します。事件が起きたら通報・緊急招集し、犯人を特定する議論パートに移行します。
 ゲームの終了条件はいくつかあり、主に「一定数以上のタスクの完了」もしくは「議論によるインポスターの全員追放」でクルー側の勝利、「クルーとインポスターが同数になる」もしくは「破壊工作を仕込み、クルーがそれの解除に失敗する」でインポスター側の勝利となります。

 あなたが殺人鬼と同じ館内に閉じ込められたとしましょう……そのとき「殺人鬼かもしれない奴らと一緒にいられるか! 俺は部屋に戻るぞ!」と言って単独行動を取った場合はどうなるでしょう?
 Among Usでも同様、のんきに単独行動をしている奴は、犯行を目撃されるおそれがないということで、インポスターにあっさり殺されます。特にタスクの消化中は専用ウィンドウが開き、周囲の確認ができなくなりますので、一人でそれをやっていると後ろに黒塗りの人物が現れてコマの隅に「!?」となるでしょう。
 アワレにも殺されてしまうと、議論パートでの発言権を失います。死んだら終わり。ミヤモト・マサシもそう言っている。おまえの死体が発見され、生存者によるアリバイ証言などが行われているのをニヤニヤしながら聞きましょう。

◆◆◆

 ……自分のタスクがほぼ済んで生存者4人という状況で、手羽崎はいちかばちか単独行動を行い、監視カメラのモニター前に向かった。
 他の生き残りはサチコ様、なーさん、ぱーさんの3人。うち1人が殺戮者だ。サチコ様となーさんはコンビで行動しており、互いにアリバイがある時間が長い。手羽崎は必然的にぱーさんを疑うが、決定的証拠がない。
 監視カメラの映像にときどき映るメンバーの様子を見ながら手羽崎は考えた。やはりサチコ様となーさんは行動を共にしており、つまりこの2人からは自分かぱーさんのどちらかが犯人であるように見えている、ということ。そのうち近くの廊下を映すカメラにぱーさんの姿が映る。こちらへ向かっている!
 手羽崎は覚悟を決めた。サチコ様となーさんが確実に互いを監視していたと仮定すれば、ここで自分が死んだ段階で犯人が明らかになる。そして監視カメラでのメンバーの動きを見る限り、勝算は低くないはず。俺の死体を決定的証拠として犯人を明らかにしてくれーッ!(死)

 こうして手羽崎は監視カメラの映像を見ながら「そうか……まさか犯人は……」とつぶやいた直後に黒塗りの犯人に刺される人として退場し、ギリギリでクルー側の勝利となった。

◆◆◆

 プレイの感触としては、オンラインゲームのそれよりもアナログゲームのそれに近いです。テキストチャットやクイックチャットも用意されていますが、別途LINEやDiscodeなどでグループ通話をしたほうが推理が捗るでしょう。
 したがって「知らない人しかいない中で通話グループに入って声を聞かれるなんて無理だよぉ……」とクヨクヨしているお前や俺は、知り合いが始めたタイミングで触るしかありません。乗るしかないこのビッグウェーブに。

 アップデートによりさまざまな要素が追加されていますが、アナログゲームでいう拡張キットみたいなものっぽいので、まずはスタンダードなルールでやりたいと思います。
 アプデで対応してほしいものといえば、緊急招集のボタンを押したときに相席食堂の「ちょっと待てい!」というボイスが出る機能と、議論パートで画面端に「!?」のエモートを出す機能ですかね……。既にMODで対応してたら怖いな。
 
■2022-05-09 : Scratchで遊ぼう
 カレンダー通りの飛び石連休……それは前向きにとらえれば連休が3つあるということ……。俺はふと思い立ち、Scratchを使ってクソゲーを3本作ることにした。

 Scratchは教育用途でよく使用される、ビジュアルプログラミング言語である。4年ほど前から触っていて、どんなことができるかも大枠で理解しているが、今までゲームを作ろうとしたことは無かった。

 娘氏の小学校にもGIGA端末が配布され、まもなくScratchライクな言語を使った授業も挿入されてくるはずだ。
 子どもに読書家になってほしいのならまず親が本を読んでいる姿を見せるべき、という考え方がある。それはつまり……子どもにプログラミングに親しんでほしいならまず親がプログラミングしている姿を見せるべき、ということなのだろう。
 普段趣味で書いているPHPはテキストの塊であり、用途は主にWeb用である。それにくらべればScratchは何をやっているのかが小学生にもわかりやすい。
 そういうことで思いついたゲームを片っ端から組んでいき、無事3本の原始的なゲームが誕生した。
Scratchゲーム置き場
http://one.cside.to/flat/docs/scratch-game.html
 読み込みにちょっと時間がかかるかも。


 久しぶりにゲームを作ってみてわかったのは、ゲームのルールを考える人の偉大さであった。
 仮に娘氏にScratchでできることをマスターさせても、それで直ちに面白いゲームが作れるわけではないという当たり前の話である。プログラミングする目的……つまり仕様を発想し策定するための力は全然別のところにある。
 STEAM教育が叫ばれる昨今、プログラミングの仕組みを学ぶことだけではなく、アナログゲーム等でシンプルなゲームのルールに多く触れさせることが、良いゲームデザイナーの育成につながるのではないだろうか。
 
 エッ……STEAM教育ってSteamでゲーム売って暮らせるクリエイターを育成する取り組みじゃあないんですか!? デジタルゲーム分野において世界的クリエイターを多数輩出する我が国ならではの取り組みだと思っていたのに! なんたる欺瞞!
 
■2022-04-21 : 箸と平和
 「刺し箸(突き箸)」というマナー違反がある。
 箸を食べ物に突き刺して食べてはならないというマナーだ。

 以前「揃え箸」「渡し箸」についての意見を表明したときも思ったが、「マナー」には「納得」が必要だ。納得はすべてに優先する。
 なのでさっそく「なぜ箸で食べ物を刺してはならないのか」を調べた。どうやら煮物に箸を突き刺して「さあて煮え具合はいかがザマスかァ~?」と試しているようで、料理人に対してタイヘン・シツレイであるかららしい。おばあちゃんが言っていた……神を試してはならないのと同様、料理人も試してはならない、と。

 そうは言ってもだ、箸は明らかにモノを刺すことができる形をしている。これをシツレイなあほのせいで封じられたのは大きな痛手だ。箸のポテンシャルが不当に制限されている。
 あとからマナーを作るくらいなら、あほが煮物検査を始めて料理人にシツレイを働いたそのときに、きっちりそいつの頭に箸を突き刺しておくべきだったのだ。「ケヒャヒャヒャおまえの頭もよく煮えてますねェーッ!!」刺突! 流血! なんたるゴア!

 いや、むしろそういうインシデントがかつて実際にあって、それで「握り箸」――つまり相手を全力で刺すための手の形――がマナー違反とされるようになったのか?
 箸のマナーとは、血気盛んな武士たちが会食に臨む際、互いに敵意がないことを示すために生まれたものなのではないだろうか?

 そういう発想で見ると、欧米がテーブルマナーに厳しいのもうなずける。あいつらは箸よりも丈夫で鋭利なフォークに加え、なんと……抜き身のナイフを使う。ナイフとは肉を切り分けるものであり、お前の隣で飯を食っている人間が突然「これでヒトを切り分けたらどうなるんだろう?」と発想する危険人物である可能性はゼロではない。
 それゆえ、厳しいテーブルマナーで互いを縛り、敵意がないことを表明し続けなければいけなかったのだろう。平和な食卓を囲んでいるとそのことを忘れてしまう。みだりに他人の唾液に触れれば感染症で死に、ウカツな音を立てれば撃鉄を起こす音と勘違いされて早撃ちで死ぬ、そんな食卓が世界にはまだまだあるのだ。

Uの字テーブルの向かいに座った奴といつ喧嘩が始まってもおかしくない、刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。女子供は、すっこんでろ。

Not Found 2001年04月07日
 「マナーがなってない」ということは、「それでも生き延びてこられた」ということなので、我々は平和を見つめ直して感謝しよう、ということなんですね。何の話だ。