Oneside Flat Web

◆ワンサイドフラットウェブ◆

~  過労なる一族  ~

■2017-08-08 : サンリオピューロ見聞録
 最近娘氏が「大きくなったらキッティーちゃんになりたい」という夢を掲げているので、ちょっとクルマを飛ばしてサンリオピューロランドまで行ってきた。

 ピューロランドのすぐ近くにはベネッセの東京本部があり、広場にはキティさんとしまじろうが並び立つ像が立っていた。コラボ先を選ばないことで有名なキティさんなので、この程度のコラボはむしろやって当たり前の感すらある。


 サンリオピューロランドは全館屋内型のテーマパークなので夏でも涼しい。台風が接近しているが天候も気にならない。メインのホールは3~4フロアぶち抜きで、音や光の演出も外の環境に影響されないためやりたい放題である。

 娘氏はさっそく妖精の羽を嬉々として装備した。これを装備しているとリルリルフェアリルのステージに参加できるらしい。なんかこのキャラクターOKAMAさんっていうかMAYAさんっていうかそういうアトモスフィアすごくない? OKAMAさんはキティさんの仕事してたよな……無関係なのか……?

 せっかくなのでそのステージを見よう。我々は早々に場所を取り床に座って待っていたが、娘氏は同じ羽を装備した子がステージ前に座っていくのをすごい前傾姿勢で見ていた。そして動いた。えっまさか本当にアナタ参加するの? 一人で? さっきまで薄暗いホールが不安なのかぎゅって手を繋いでたじゃん? 無理では?
SANRIO PUROLAND
 ……行ってしまったので背中を見守る。羽の紐がぶかぶかなせいで早くも羽がズレているのが不安だが自力で直していた。すごい。踊りはちょっと難しかったようだったが、途中ご両親をかえりみることもなく、係員のおねえさんに促されてホールを一周するパレードに参加するという大冒険を果たした。すごい。幼稚園の教育力の高さを思い知った。


 娘氏の羽のぶかぶかな紐をゴムで留めて固定し、レディキティハウスを見に行く。入口に並んで何グループかごとに順次入場していき、内部は自由見学で、最終的に出口でキティさんと写真を撮るためにまた並んで順次退場していくという謎のシステムで、写真に興味ない勢でも写真列に並ばないと退場できない。まあそんな勢はそもそもここに来ないであろう。キティさんはめっちゃフレンドリーにカメラの前に並んでくれた。
 娘氏はまっさきにタンスのひきだしを調べた。勇者の素質がある。


 キャラクターフードコートで昼食。入ったときは大混雑だったのでどうやって机を確保しようか悩んだが、並んでるうちに人がハケるだろうと判断し、実際オーダーが通るころには空席が多くなっていた。やったぜ。……と思ったが、どうやらこれは広場でショーが始まったかららしい。まあ娘氏はお腹すいてるようだし仕方ないな。

 なんかパステルブルーのカレーとか凄まじいものがあったんだけど、見た目に反してなかなか美味かったらしい。俺は見た目の恐ろしさに怖じ気づいてキティさんのかまぼこがのってる醤油ラーメンを食べていたのでよく知らない。なおキティさんのかまぼこは娘氏が食べた。


 ショップを覗きつつ次のショーを待つ。ショップに例の「できたてのポップコーンはいかが?」のマシーンがあったので吹いた。
 次なるショー、ハローキティイルミネーションは屋内型であることを最大限に活かした光の演出で、真っ昼間にイルミネーションが楽しめる。別売のミラクルハートライトでキティさんを応援することが出来るんだけど、これがステージの演出に連動して色が変わる。無線ペンライトってやつか。どおりでそこそこのお値段がするわけだ。
 位置の関係でキティさんの後頭部を見ることになったが、こちらはこちらでバックのお城のイルミネーションが強いのでお得感がある。娘氏は天井に映し出されるサンリオキャラを発見しめちゃくちゃ食いついていた。たー坊……生きとったんかいワレ……。


 メルヘンシアターでは、キティさんを中心としたキグルミと人間のお芝居を観劇できる。立ち見席しかないということだったが、言ってみたら隅っこのほうの席にバラバラに座れた。
 舞台脇のモニターに英語と中国語でセリフが表示される。言われてみればたしかに外国人観光客が多い。さすがキティさんはクールジャパンの先鋒だな。

 お芝居が終わりになって一旦幕が閉じたあと、突然お姉さまがたのラインダンスが始まったので困惑した。そしてそのあと舞台の奥に輝く階段が出現したのを見て俺は確信した。た、宝塚だ……! 完全に宝塚のやり方を踏襲している……! 違うところといえばキグルミが中心にいるのと、男がいるってことくらいだ。
SANRIO PUROLAND
 演出があからさまに宝塚なのだ! と思って見ていたら最終的には謎のリボンがついた盾(シャンシャン)を持って、謎のド派手な羽をしょったキティさんが登場して俺は悶絶した。そこまで宝塚でいいのォォーッ!? 怒られないのーッ!?

 ……まあこれで、娘氏もキュアショコラさんの変身シーンに突如出現する階段の意味がわかったであろう。ありがとうサンリオ。


SANRIO PUROLAND
 娘氏の体力が限界っぽかったので、夕方のショー「夜祭りマーチングパレード」を見て帰ることにした。これは来場者がキグルミやスタッフに混ざって踊ることができるパワフルなイベントで、たいへんな人ごみになるため、娘氏を解き放ったら迷子の一丁あがりである。
 終了後に娘氏イチオシのボンボンリゴン(ぼんぼんりぼん)に触りに行った。しかしぼんぼんりぼん……貴様は甚だしい勘違いをしている。ボンボンは講談社でりぼんは集英社だ!


 というわけで、男の人生のレール上に「サンリオ好きの彼女」か「娘」が配置されないかぎりなかなか解除されない実績「サンリオピューロランド」をせっかくだから解除してきたお話でした。好きなサンリオキャラはKIRIMIちゃん.です。よろしくお願いします。
 
■2017-07-30 : 勇者の家族の戦いのおはなし
 どうやら友人の1歳9か月の息子が、母親のマウスを奪って弊サイトを見ているとのことだったので、この最年少の読者のためのコンテンツを作りました。

 絵文字でドラクエ5

 ドラクエ11も出たことですし、ここらで伝説の勇者の家族の戦いを読み聞かせるのもいいんじゃあないですかね。
 
■2017-07-29 : ぬりたく~るテンタクル
 Splatoon2がやってきて、またしても一日一時間イカをする生活が戻ってきた。

 前作のシオカラーズから、ハイカラニュース担当はテンタクルズ(Youtube)へと変わった。身長、肌の色、人種の差などかなり世界展開を意識したデザインだ。

 しかしどうも腑に落ちないことがある。
 イカ世界のプロデューサーが、これから売り出そうっていうオシャレ系のアイドルユニットに「テンタクルズ」と命名するだろうか?
 あいつらにとって触手といったら髪型じゃないか。「ヘアスタイルズ」ってどう考えてもインディーズおもしろスリーピーズバンドの名前だろ。

 「シオカラーズ」はまあシオカラ地方出身ってことで、チームしゃちほこみたいな感じで売り出したんだろう。ワカル。でもテンタクルズはわからない。だがまあニュースの最後のキメポーズの前にイイダさんのターンテーブルがヌルーって退場するのが面白いから全て許そう。
 
■2017-07-23 : いろんな娘氏
  • 風呂で「パパチャンはかぶって!」と俺の頭に手桶を被せて、自分はジョウロでお湯を汲んで自分の頭にかけて笑い続ける娘氏。俺はどうすればいいのこれ?
  • お風呂から出て冷房が効いてると「さむいねェー!ふゆがきたのかなぁ~~」って言う娘氏。
  • タンポポの綿毛とワタアメを同一視しているらしく、かたくなにワタアメのこと「わたーげ」って言う娘氏。
  • シスコーンのこと「スッコン」って言う娘氏。
  • 爪を切ってあげたら「パパチャンが切ると爪がかわいそうだよォ~~」と苦情を言う娘氏。そんなダイナミックに切ってないのに……
  • 娘氏「どんぐりぐりの~きのしたで~♪」ワイフ「大きな栗、だよ」娘氏「せっかくアイチャンがうたってたんだよ?」ワイフ「なんかごめん」
  • マイメロのふせんに書かれたワイフのメモを見つけた娘氏「これアイチャンへのおてがみかな~~」ぼく「なんて書いてあるの?」娘氏「えっとねー、キッティーちゃんになれますように、ってかいてある」ぼく「マイメロちゃん……」
  • 「せんせいに、おおきくなったら何になりたいですかってきかれたら~~、キッティーちゃんになりたいって言うの」「キティちゃんになって何したい?」「ヒロトくんとおなじ、キュウレンジャーになりたい」「さすがキティさんは仕事を選ばないな」
  • 公園でポルトガル語っぽい言葉を話す姉妹に会ったため、明らかに日本語でない不明瞭な言語セットで話しかけに行く娘氏。
  • 「アイチャンは、何のお仕事をしてみたい?」「おでかけのしごと」「どこにお出掛けする仕事?」「こうえん」「アイチャン……ひょっとして毎日パパ公園に出掛けてると思ってる?」
  • 姪が無事誕生したので生後4日のお顔を拝みに行ったんだけど、ほぼ新生児時代の娘氏と同じ顔してた。新生児の顔のパラメーターなんて一族でそう違わないんだな。

 いよいよ幼稚園の夏休みが始まってしまった。夏休みを「始まってしまった」と評するのは人生で初めてのことだ。娘氏の夏を我々ご両親が演出せねばならないのだ。ただ幼稚園が休みになったため、5月から定期的に我が家を襲い続けた凶悪な風邪のウィルスの流入が止まる。これは素直に喜んでいいニュースと言えるだろう。
 
■2017-07-16 : Switch On!
 スプラトゥーン2前夜祭のさらに前夜、任天堂からニンテンドースイッチ発送のメールが届いた。
 これでは前夜祭には間に合わないと判断し完全に諦めていたが、寝て起きてクロネコさんの履歴をチェックしたらすでに最寄りのセンターまで来ていて思わずドゲザした。すみません日本の物流ナメてました。
ルナ!トリガー!
さあ転売屋の罪を数えろ
 というわけでニンテンドースイッチ着弾ーッ!
 事実上ニン・ゴジラ討伐ドロップ品として知られる黄色Joy-Con組み合わせだ!
 これでハイカラスクエア移住の準備が整った!

 感想としてはやっぱり思っていたのより小さい。
 Joy-Conはオモチャめいた小ささなうえカラフルで、娘氏がいたく気に入ったようだったので、本体をベットベトにしないように何か策を講じなければなるまい。ソフトを喰われないようDL版にしても本体を喰われたら意味がない。

 そしてその小ささゆえの省スペースが地味にありがたい。WiiUをしまわずに済む。WiiUというプロダクトは最高に嫌いだったが、あのゲームパッドは頻繁にTVリモコンが消える我が家においてはたいへんありがたい代替機だった。またHuluやアマゾンビデオを再生するのにも便利だ。
 Switchはいまのところこういう便利さがないので、前夜祭が終わったらイカ発売まで完全に置物になる。はやくゲーム以外の機能も充実して欲しい。せめてバーチャルコンソールがどうなっているかだけでも教えて欲しい。ミニSFCなんて作ってる場合じゃねえぞ。携帯できるSwitchにWiiU並みのSFCバーチャルコンソールが来ればもう何もいらねーじゃあねえか。

 とはいえあまり携帯して持ち出すようなものでもないかな……でもWiiもWiiUもテレビから外して実家に持っていくだけでもクソ面倒だったので、それが劇的に改善されたのは嬉しい。あ、地味に「据え置き機なのにブレーカー落ちに強い」というのは強みだな。モデムが止まるからイカには関係ないけれど。


 小一時間スプラトゥーン2前夜祭をプレイして、このゲームには何も心配いらない、と確信して、また本体だけ箱に戻す俺であった。
 
■2017-07-14 : 娘氏と人体のひみつ
 お誕生日に与えた小学館の図鑑、他にも動物や果物の図鑑があるというのに、なぜか人体の図鑑にドハマリした娘氏。頻繁に「これはな~に~~?」と聞いてくるのでご両親は困惑するばかり。

「これはな~に~?」
「ミトコンドリアな」
「これは~?」
「ゴルジ体」
「これは~?」
「たっ、たしかリボソーム……いやリソソーム……?」

「これはな~に~?」
「すい臓だね」
「とうもろこしみたいね。パパもとうもろこし開けてみせてごらん?」
「手術か~~」

「これは~?」
「染色体」
「せんしょくたいがスイスーイっておよいでるねェー」
「細胞分裂ね」

「パパ見て~~」
「あー転んで怪我したところ治ったね」
「せっけっきゅうがあってね、血のけっかんが流れているんだよ~?」
「そうだね(もうそうだねとしか言えない)」

 今日も娘氏は朝から人体の図鑑を開いて、腸よ鼻よと育てられています。