Oneside Flat Web

◆ワンサイドフラットウェブ◆

~  永遠メン  ~

■2017-10-04 : お前らも朝食に餅を喰えという話
 基本的に朝というのは行動ポイントが足りないのだ。
 この場合の行動ポイントとはAPやスタミナなどと表現しているゲームもある、そういう類のものだ。


 ゲームでは普通ぐっすり休めばAPは最大値まで回復するが、残念なことに現実のAPはゼロから始まる。おそらく意識をリブートするときに心がすべてのAPを使い切ってしまうのだろう。そのためまずはTwitterを開くなどしてポイントの回復を待たねばならない。

 そのうちスタミナゲージの最初のハートにようやく灯がともる。このハートひとつぶんをさっそく消費して生み出された貴重なAPをうまく使用して出勤しないといけない。整えるのに時間のかかる髪型はNGだ。歯磨きもマウスウォッシュで済ませたい。しかし最も難儀なのは食事である。

 独身のころは朝食をキャンセルすることでAPを節約していた。しかしあのころとは通勤方法も出勤時間も違う。何かを腹に入れておかなければカイシャまでたどり着けない可能性すらある。
 しかし米飯はだめだ。レンジに入れ解凍する、器に盛る、何かかける。これだけでもおそらくAPが枯渇する。そのうえ洗い物が発生して未来のAPまで削る。こんな危険な朝食は問題外だ。
 その点パンは器が要らないので多少はマシだが、ジャムの瓶を開けてスプーンをつっこむとやはり洗い物が発生する。これはジャムをやめてハチミツに変えたところ改善した。パンを取り出しチューブからハチミツを絞り出してトースターで焼くだけなのでだいぶAPの節約になる。ただ口の中パッサパサになるためついお茶などを淹れたくなり、そうなると洗い物が発生するという危険性が指摘できる。ここで茶の話をすると、訳知り顔で「朝つらいならお茶とかでカフェインを摂るといい」みたいなことを言う腰抜けがいるので困る。強力なカフェインか……生まれた時から浴びてたぜ、家庭の事情でね。俺にカフェインは効かない(渾身のドヤ顔で)。

 最終的に到達したのは、kome.zipであるところの餅だった。パンと同じくトースターで焼くだけで済み、器が要らない。醤油もきな粉も要らない。よく噛むことになるため米飯よりも効率よくkome.zipが展開され、でんぷんの甘味だけで食べられるからだ。なにより食卓につかずに食べられるのが良い。食べながらできることは限られているが、食卓に座ると心が枯渇寸前のAPを回復しようという体勢になってしまい大変な危険がある。スタミナゲージのハートは真っ暗なのだ。一度でも座れば、パンを食べながらスマホンをいじるなどしてポイントの回復をはかってしまう。こうなるとどんどん時間が喰われる。時間という血液が傷口から流れ出しそれは致死量に達しようというのに、それを止めるAPがないのだから絶望しかない。


 これが俺が餅にたどり着いた理由だ。朝がどれだけ極限状態なのか、そして餅というソリューションがどれだけ救いになっているか、お分かりいただけると思う。最近はまた気温が下がってきたため出勤にネクタイと上着が必要になり、こうなるとさらにAP消費が上がる。なによりまず布団から出るための消耗が跳ねあがり、ますます出勤をとりまく状況は厳しくなる一方である。「男の仕事の八割は決断だ」という言葉もあるし、この決断的起床~出勤の流れだけで給与の80%が発生してほしい。あとはおまけみたいなもんだ。

 なお完全に枯渇したスタミナゲージは、通勤電車内や仕事中の単純作業の時間に回復し、最終的には夜にこういった文章などに費やされるが、大抵の場合消費しきることなく布団に消える。なぜなら明日の朝も早いからだ。しかもゴミの日だ。人生はゲームのように上手く作られていない。
 
■2017-10-02 : 東映商標大予想
 プリキュアクラスタには、ED曲の歌詞の一部が次のプリキュア名になるというジンクスがある。
  • スイートプリキュア後期ED「前向いて(Smile! スイートプリキュア♪)」
    →翌年『スマイルプリキュア!』
  • スマイルプリキュア前期ED「いつだってワクワク ドッキドキ プリキュア!」
    →翌年『ドキドキ!プリキュア』
  • ハピネスチャージプリキュア後期ED「フォーチュンな お月様(みんな プリンセス)」
    →翌年『Go!プリンセスプリキュア』
  • 魔法つかいプリキュア後期ED「アラアラ アラ・モード」
    →翌年『キラキラ☆プリキュアアラモード』

「……とすると来年は?」
「バリバリ★プリキュア」
「ヤンキーか」
「エンジェル……エンジェル伝説プリキュア」
「ヤンキーから離れろ」
 
■2017-09-29 : いろんな娘氏
  • 目に付いたひらがなを読むようになった。濁点や拗音などはまだ難易度が高いようだが、絵に引っ張られてちゃんと読めることもある。なぜか絵本作家さこももみの名前を読んで一人でウケていた。
  • おひるねを強く否定する娘氏「にどとねむくない」
  • 自転車に娘をのっけて街を走ると、後部座席でずっと「でーっとーでーったーぜんしーん♪いなばーはデーモー♪」とプリキュアさんのテーマ曲を歌っているので超ゴキゲンである。
  • 「セクセクセクション セクセクセクション セクセクションで へーんしん♪」「何かよくわからない歌をうたいはじめたぞ……」
  • 【section】可算名詞
    〔ものの〕部分、仕切られた場所、〔文章の〕節・段落、〔組織の中の〕部門
  • 「あかさくらんぼー♪ あおさくらんぼー♪ みんなの色がそろってー♪ みんなの笑顔がトゥルットゥルー♪」「やばいまったく知らない歌だコレ」「言葉の意味はわからないがむやみにカワイイぞ……」
  • 「スイッスイップリキュ~ア~♪」「アイチャンがマイナス3歳の頃のプリキュアさんの歌を気に入ってる……」「本編観てないのに……」
  • 今日は娘氏にブロックスを触らせてみたんだけど、T字型のブロックのこと「なおすことの形」と呼んでいて味わい深かった。手に持ってカンカンってしてたので、ハンマーのこと「なおすこと」という物体だと思っている。
  • 「アイチャンごはん食べて」「ヤダヤダ」「あれー食べないの~~? じゃあパパチャンが食べちゃう!」「待っておかーたんが食べる!」「いやパパチャンが!」「おかーたんが!……アイチャンは?」「アイチャンが食べるー!」「どうぞどうぞ」「どうぞどうぞ」
  • DCM(ダチョウ倶楽部メソッド)で育児をよりよくしていこうな。
  • パパチャンに頭から毛布を被せられた娘氏「たつけてー!たつけてー!」→毛布を取られた娘氏「……もう一回やってくれ!」→また頭から毛布を被せられた娘氏「たつけてー!たつけてー!」
  • トイレに連れて行って座らせると「パパチャン恥ずかしいから出てって!」と両目を手で覆いながら言う。出てっても一人で拭いて流して出てこれるのでえらいぞ。
  • 同じ物が2つあると「ほんものとにせもの」という。アンパンマンなどで変装したキャラが現れてどっちが本物だー? ってなる展開のせいだな。
  • 「アイチャンおでん食べたい?」
    「たべたい」
    「どのくらい食べる?」
    「ありさんくらい」
    「あんま食べたくないんだ……ところでオシッコは(大丈夫)?」
    「たべたくない」
    「すまん急に変なこと聞いて」
  • 帰ってきて散髪したパパチャンを見た娘氏「パパチャンなんでそんなかみのけ変なの~~?」
  • 「アイチャン幼稚園でも赤血球の話するの?」
    「する」
    「それでお友達はなんていうの?」
    「しらないっていう」
    「そりゃあそうだ……でアイチャンはどうするの?」
    「こんなに赤いのに~~っていう」
    「なんだこの幼稚園児」
  • 笛を吹きそうで吹かないパパチャンがじれったい娘氏「パパチャンおくちに集中して!」
  • 幼稚園の遠足で動物園に行ってきた娘氏。
    「ぞうさんお鼻ながかったんだよ~~」
    「どのくらい長かったの?」
    「えっとー……きりんさんくらい」
    「複雑な関係性だ」
  • あとマンドリルが怖かったらしい。
  • 娘氏がレゴで遊んでる横で、俺がマインクラフトを立ち上げて色とりどりのウールブロックを出して積んでいたところ、けっこう食いついたうえレゴブームが再燃したようだ。
 人体の図鑑で、瞳孔が開いたり閉じたりするのを示すのに猫の目が使われてるんだけど、細いほうの目を「リリチャンの目」、丸いほうの目を「リンチャンの目」と呼んでいた。リンチャンは室内飼いで、リリチャンはよくお外で会うからだと思われる。よく観察しているな。
 
■2017-09-28 : ストレッチする筋肉がない
 ワイフがポールヨガ用のストレッチポールを買ってきた。

 ポールヨガとは何か。それを知らないあなた方はすぐにGoogle画像検索に命じてその見た目を調査しただろう。そして謎のやわらか丸太の上に仰向けに寝そべるベイブたちを見ただろう。それがポールヨガであり俺はそれ以上のことを知らない。

あったよ!ストレッチポールが!

 そして俺はワイフに、この謎のやわらか丸太の上で仰向けになるよう命じられたのだ。
 本当にこれは上に寝るものなのか? 何かの間違いでは? これで体幹を鍛えるとすれば両腕で素振りするのが普通では? そして吸血鬼や邪鬼との戦いに備えるべきなのでは? 数々の疑念を抱きながら俺は丸太の上に背を乗せた。

 超痛い。

 これは本格的なものでない安物のポールらしく、やわらか度がぜんぜん足りていない可能性がある。画像のベイブたちはもうちょっとふんわり背を預けていたように見えた。だがそれを差し引いてもクソ痛い。俺の背中には背筋がほぼないので、背骨に荷重がかかると背骨の突起部分やら尾てい骨やらが、よく煮込まれた手羽先のように皮を突き破りボギンって出て来てしまいそうになるのだ。俺は早々にギブアップした。

 脱力してゆったりと乗ることで全身のストレッチが可能! とのことだが、自転車のサドルはおろか風呂の底ですらケツが痛くなるレベルの骨々人間にとってはただの拷問器具。「そこに緩めるべき筋肉はない」と判断するべきであり残念ながらこの方法で俺がリラックスすることはないな。サヨナラ! ハハハ……おい何をするワイフちょっとまて痛い痛いヤメテ!
 
■2017-09-16 : この世界の片隅に
 金曜の夜、娘氏がワイフを巻き添えに早めにねんねしてくれたので、いまさら『この世界の片隅に』を観ていた。それもなぜか発売されたばかりのDVDでなくAmazonビデオで。

 この作品はとにかく原作者も映画スタッフも異様に緻密な取材をしていることで有名で、それは公開当時まったく観るつもりのなかった俺のところまでTwitterなどで評判が回ってくるほどだった。たとえば以下のような話である。

たとえば戦艦大和が入港する場面がありますが、原作に「19年4月」と書いてあって、そこから入港した日が特定できて「あぁ、できるんだ!」と思ったんですよ。別のシーンで、晴美ちゃんが「あれが利根」とすずさんに教えるところがありますが、その時に利根が呉にいたかというと、いないんです。つまり、晴美ちゃんは利根ではない別の軍艦を見て利根だと誤解しているんだと分かったので、「間違えるということは、利根に近い形をしている最上がいたのかな」という風になっていくわけです。

Gigazine 2016年11月11日 映画「この世界の片隅に」片渕須直監督インタビュー
 これは当時見かけた情報のほんの一部分で、本当に一事が万事この調子で取材&裏打ちをしているようだ。こうなると画面に描かれる些細なものにまで執念が感じられてきて、情報量が多過ぎてすぐ心のキャパを超えた。

 なにしろずっとひたすら「ウウッこれはTwitterでスゴイ取材のもと描かれていたと評判だったシーンなような気がする! すみずみまで見なければ! ウウッまさかこれもか!」という気持ちで映画を観続けるのはほんとうにつらい。そして、当時劇場勢があれだけ活発に発信していた考察や感想は、今となってはほとんどがTwitterの奥底に沈殿してしまい、読み直したいと思っても叶わない。やはり話題作の映画は話題のときに観なければいけないのだ。俺は深い後悔につつまれた。
 最終的には感情移入を諦めて「なんか戦時の様子を垣間見ることができる窓」として流し見することで事なきを得た。とりあえず「空襲もうあきた」みたいな台詞がじつにタイムリーでよかった。そうだよな。人はこういうユルいテンションのときにミサイル食らって死ぬことだってあるんだよな。そんなことを考えた。
 
■2017-09-13 : シャニライについての雑感
 突然だがリリース直後からスマホン向けリズムゲーム『うたの☆プリンスさまっ♪ Shining Live』通称シャニライをプレイしている。

Shining Live
開始14日目
 何を言っているのかわからねーと思うが俺も何をやってるのかわからねー……だが聡明な読者諸兄におかれましては、俺が以前この乙女ゲーおよびアニメについて言及していたことを覚えている方もおられよう。なぜか俺は原作に触れる前からこの作品の楽曲を次々とカラオケのレパートリーに加えており、キャラソンまでガッチリ頭に入っているのである。どんどん高音域と超絶技巧を要求してくる昨今の男性シンガーと比べて、男性声優ソングはたいへん歌いやすい音域で、かつCメロとか全然なくて覚えやすいため最高なのだ。

 そういうわけで「うたプリの曲で遊べる音ゲーがあるんだってェー!?」と色めき立ってダウンロードしたのである。もともとこれがPSPでどんなジャンルのゲームとして発売されたかはあえて忘却した。バンドブラザーズでも思ったけど、譜面がスクロールしてくるのではなく判定ラインが移動するシステムの音ゲーでは、当然のように「改行」の瞬間が来る。改行ごとに視線の位置が大きく動くためたいへんな負荷があり、そのたびにビートマニア特許を死蔵させたKONMAIへの呪詛が発生する仕組みだった。だからPSP原作のことは忘れた。


 話が意図的にずれたので戻す。シャニライは『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』のシステムをほぼ継承したタッチ式の音ゲーである。すなわち譜面は画面上中央から放射状に降ってくるタイプなので上記の問題はない。とはいえスクフェスをプレイしたことがないのでそれ以上のことは何も言えない。基本プレイ無料なので自分の目で確かみてみろ!

 音ゲーではあるものの、初期状態ではたとえフルコンボだドンってしても大したスコアは出ない。キャラクターを育てる必要がある。レア度の高いキャラを並べればようやくスコアが出るようになる。このへんはシアトリズムFFでもう完全に慣れた。あっちはキャラが育ってないとフルコンボでもクリア扱いにならないモードすらあるので、一応クリアさせてくれるぶん優しい。これをさらに尖鋭化するとパタポンになる。言われてみればパタポンはソシャゲ向きだなおい。

 そういうわけで、スコアを出したいなら強化上限の高いキャラを獲得するのが肝心になる。そして最近のソシャゲの例にもれず、最初にレア度URのキャラクターを一人選べる。まったく深く考えずに蘭丸先輩にした。
 しかし、たとえ最初のカードが選べるようになっても、人類は「そのつぎの11連ガチャでURが出るまでリセマラ」とか言い始めるので愚かというほかない。ガチャという集金手段そのものはいまやたいして悪い文明だとは思わないが、ガチャを搭載することで必然的に付随してくるリセマラはもう完全に最低最悪の文明と言えるし滅ぼすしかない。リセマラしなけりゃいいという問題ではない。あの「時間を人質にして妥協を引き出す」という原理の存在そのものが悪なのだ。もはやこんな文明は一度焼き尽くして石器時代に戻すほかない。


 話が意図的にずれたので戻す。こうして俺と蘭丸先輩の共同生活が始まった。音ゲー部分にはすぐ慣れた。多少スライドで取りこぼすことがあるがタッチの感度自体は良い。スタミナを消費して曲をプレイし、クリアできればプレイヤーランクの経験値が溜まり、ストーリーが進み、新しい曲が解禁される仕組みだ。キャラが育っていないのでスコアは出ないが、前述のとおりクリアにスコアは無関係なので、一定以上のBADを出さなければクリアはできる。つまり「まず全曲解禁する」というモチベーションでプレイしはじめた俺にとっては、ガチャの引力はかなり少ないと言える。ご祝儀課金したいところだが課金対象がない状態だ。

 不満点を挙げるならまずホーム画面表示のローディング時間がエグいことだ。曲選択画面とキャラ強化画面など、頻繁にホームを経由して移動する必要があるのでストレスを感じる。Live2Dの技術で動かしてるとおぼしき蘭丸先輩のデータを読みにいくのに手間取っているのだろうか。なんなら蘭丸先輩は別室にいて声だけ聞こえるとかでもいい。そのほうが何か共同生活してる感ない? ないか。ワイフがスクフェスもインストールして検証したけど、あっちのホーム画面は超サクサクだった。ほんとなんとかして欲しい。
 あとキャラ強化では固有スキルを強化できるんだけど、肝心のスキルが何なのかを見るためにはまた別の画面に移る必要がある。つまり、たとえば「BADをN回GREATにする」のスキル持ちを強化したい場合、キャラ一覧画面で一人ずつスキルを確認して覚えた上で強化画面に移らないといけない。これは完全にUIの敗北と言えるので改善を期待したい。
 曲を解禁するために読むストーリーは率直に言って虚無だが、それは俺が招かれざる客なだけなのでこの点に関しては文句は言うまい。だが3話にわけるくらいならチケット3枚消費にして一気に読むくらいはさせてくれてもよいのでは。


 ようやく最高難易度のPRO譜面にも手が届くようになって、曲も徐々に揃って楽しくなってきた。ただうっかりAndroidのタスクマネージャー画面にタスクが残っていて、朝の通勤電車の中でポケモンGoを終了しようとしてうっかりそれに触れてしまい起動してしまうという事故が起こるので怖い。とっさに音量をゼロにしたから良かったものの、あやうく電車内で「愛の奇跡~を♪あ・げ・る♪S……好きだよ……T……好きです……」とかいうデンジャラスでアチチな状況となるところでありマジで胸がバキュンした。現場からは以上です。